MENU
果物

レモンを食べ過ぎるとどうなる?適量や効果的な食べ方についても!

「レモン=絶対的に体に良いもの」と、思っている私。

体に良いレモンなのでいくら食べてもOK・・だと思っていたんですが、どうやらそうでもないらしいことを小耳挟んで、現在ちょっとアタフタ中(・∀・;)

 

え?そうなの?レモンってどんなに食べてもいいんじゃないの?

じゃ、レモンを食べ過ぎるとどうなるの?適量は?

ついでに効果的な食べかたも知りた~い。

 

ってことで、調査スタート!

レモンが体に良いのは事実、でも、食べ過ぎると~×××要チェックですよ~。

 

この記事でわかること

・レモンを食べ過ぎるとどうなるのか

・レモンは食べ過ぎ注意!適量とは

・レモンの効果効果的な食べ方

グレープフルーツを食べ過ぎるとどうなる?適量や食べ方も解説!爽やかな酸味とジューシーさがたまらなく美味しい、グレープフルーツ。 四季を問わず手軽に入手できることもあって、人気の果物ですよね!...



レモンを食べ過ぎるとどうなる?

レモンを食べ過ぎるとどうなるのか。

実は、レモンを食べ過ぎると

・腹痛や吐き気

・下痢

・胃痛

・歯が溶ける

・皮の農薬の影響

などが起こる可能性があるんです。

(色々ありすぎて驚き∑(°口°๑))

 

レモンを食べ過ぎると起こること、ひとつずつじっくり見ていきましょう。

 

レモンを食べ過ぎると①腹痛や吐き気を引き起こす

レモンを食べ過ぎると、腹痛や吐き気などを引き起こす可能性があります。

これは、レモンに含まれるビタミンCの過剰摂取により、中毒症状を引き起こしてしまうことが原因。

 

ビタミンCって水溶性ビタミンで、体に貯めておくことができないビタミンだって聞きますよね?

なのに、なぜ中毒症状を引き起こすの?体から排出されるんじゃないの?と、疑問に思うところですが、こまめに少しずつビタミンCを摂取する分には中毒症状を引き起こすことはありません。

 

危険なのは、一気にビタミンCを摂取した場合で、具体的には一気に1000mg以上のビタミンCを摂取した場合になります。

 

レモン1個分のビタミンCが約100mgになりますから、一気にレモンを10個食べた場合、中毒症状となり腹痛や嘔吐を引き起こす可能性があるんです・・って、正直、ちょっと非現実的な量かも( ˙▿˙ ; )

 

さすがに一気に10個のレモンを食べるっていうのは、考えにくいですよねぇ。

とはいえ、レモン大好きな方でつい食べ過ぎてしまう方(いらっしゃるかなぁ?)、あー、あとサプリメントでビタミンCを取っている方は注意をしましょう。

 

レモンを食べ過ぎると②下痢を引き起こす

レモンを食べ過ぎると下痢を引き起こすことがあり、これもレモンに含まれるビタミンCが原因になります。

 

ビタミンCは肝臓をサポートする働きがあるのですが、摂り過ぎてしまうと肝臓が活発になりすぎてしまうんです。

その結果、肝臓が疲れてしまい、疲れた肝臓は消化機能の働きを阻んでしまうので、下痢を引き起こしてしまうのです。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、ビタミンCの一日の摂取目安量は100mgとされています。

 

この数字は病気を防ぐなどの健康上の面から考えられた数字でもあるのですが、私達の消化吸収の力とも関係していて、私達の体は

・一度にビタミンC100mgを摂取する→腸内で約9割のビタミンCを吸収できる

・一度にビタミンC5000mgを摂取する→腸内で約2割のビタミンCしか吸収できない

となってしまうので、腸の消化吸収力の点からも100mgまでが望ましいのです。

レモンを食べ過ぎると肝臓や腸がオーバーワークを起こしてしまい、下痢を引き起こしてしまうというわけです( ̄▽ ̄;)

 

レモンを食べ過ぎると③胃痛を引き起こす

レモンを食べ過ぎるとクエン酸によって、胃痛を引き起こす可能性があります。

クエン酸の酸が

・胃壁を攻撃

・胃の中の酸を強めてしまう

ことで胃を痛めてしまうんです。

 

特に、もともと胃が弱い方や、食べ過ぎや飲み過ぎなどで胃が疲れている方は要注意。

レモンがさらに胃を弱めてしまう可能性があるので、食べ過ぎないようにしましょう。


スポンサーリンク


レモンを食べ過ぎると④歯が溶ける

レモンを食べ過ぎると、歯が溶ける可能性があります。

これは酸蝕歯と呼ばれるもので、レモンなどの酸性が強い食べ物を食べ過ぎることで、歯のエナメル質からリン酸カルシウムと呼ばれる結晶が溶け出してしまうんです。

 

溶け出してしまうと言っても、一気に歯が溶けて無くなるわけではなく、ゆっくり溶け&ゆっくり進行して、結果、歯を失ってしまうことになるんだとか。

 

私達の歯のエナメル質は、ph5.5以下の酸性の食べ物に弱いと言われています。

レモンのph値は?というと、2.1(ちなみにグレープフルーツは3.2、みかんは3.5~3.6)なので、酸蝕歯を引き起こしやすい食べ物になってしまうんですよ。

 

レモンを食べ過ぎると⑤皮の農薬の影響への不安が起こる

国産のレモンでも外国産のレモンでも「無農薬」と記載されていなければ、農薬が使われたレモンになります。

また、防カビ剤を使用していることも考えられますよね。

 

厚生労働省のHPによると日本では残留農薬の厳しい取り決めや検査がなされているとのことですが、それでも食べ過ぎちゃったらどうなの?と不安になりますよね。

 

防カビ剤などの食品添加物についても、日本に流通する食品に使われるものについては、食品衛生法により規定や使用量が定められていますが、やはり食べ過ぎるとどうなのか?と、心配になります(・・;)

 

じゃ、皮は食べなきゃいいんじゃない?と、思うところですが、実はレモンって果肉より皮の方が栄養たっぷり含まれているんです。

具体的には、皮は果肉の5~10倍もの栄養が含まれていて

抗酸化作用:ビタミンC、βカロテン、ペクチン、ヘスペリジンなどによる作用

抗ガン作用:サルベストロールQ40、リモネンなどによる作用

などの期待が大!

これは皮も食べたいところですよねー。

なので、

・無農薬で防カビ剤不使用のレモンを選ぶ

・しっかり洗う

などで、皮まで食べるのがおすすめですよ。

 

っと、いうことで、無農薬のレモンを探しました~

 

無農薬で防カビ剤も不使用の愛媛県産のレモンです。

無農薬で防カビ剤不使用のレモンでも、中にはワックスが使われているものもあるんですが、こちらのレモンはワックスも不使用!

 

安心&美味しいレモンを皮ごとまるっと、堪能してくださいね(*´ч`*)

いちごを食べ過ぎると腹痛や下痢になる?太る?適量も解説!みずみずしく、甘酸っぱくて美味しいいちご。 年齢や性別を問わずに、人気のあるフルーツですよね。 私も大好きなので、スーパーに...

 

レモンの洗い方は?

できれば農薬や防カビ剤などを使っていないレモンを食べたいところですが、入手できない場合もありますよね。

無農薬ではないレモンでも皮ごと安心して食べれるように、レモンの洗い方も紹介しておきますね。

塩で洗う:粗塩をレモンの皮のくぼみに入れ込んで、もみ込むように洗い、流水で洗い流す(無農薬のレモンでも、塩洗いはした方が◎)

酢で洗う:2倍に薄めた酢水にレモンを15分ほど浸けて、流水で洗い流す

重曹で洗う:400mlの水に重曹大さじ1を入れてレモンを1分程浸けて洗い、流水で洗い流す

中性洗剤で洗う:洗剤をスポンジに浸けてレモンを洗い、流水で洗い流す

(中性洗剤には野菜や果物の洗い方が記載されていることが多いので、それを参考にすると◎)

など。

 

私的には重曹で洗うのがおすすめ!

重曹は、残留農薬を落とすだけでなく、アルカリ性なのでワックスも分離してそぎ落としてくれるんです。

外国産の農薬や防カビが使われたレモンでも、しっかり洗うことができるはずですよ。

プラス、こちらの重曹なら食用なので安心ですよ~。

 

食器洗いや掃除だけでなく、お料理にも使えちゃう重曹です。

お菓子作りなどにも使える重曹なので、レモンを洗うのだって安心ですよね♪


スポンサーリンク


レモンは食べ過ぎ注意!適量は?

さて、食べ過ぎるは良くないレモンですが、どの位ならOK?レモンの適量は?というと

 

レモンは1日1個が◎

 

レモンは、体に嬉しい効果がたっぷりなのは事実で(レモンの効果については後の項目で詳しく~)、この効果が表れやすいのが1日1個のレモンと言われているんです。

 

具体的な例で解説させて頂くと、レモンは高血圧の改善や生活習慣病予防に効果があると言われているんですが、レモンの産地である広島県でこんな実験が行われたんです。

 

・対象:平均年齢59歳の女性(111名)

・実験方法

1、まず血圧や動脈硬化指標などの検査

2、5ヶ月間レモンを摂取して、その摂取量を記録

3、再び血圧や動脈硬化指標などの検査

 

結果

最高血圧が下がり高血圧改善になった&肥満になりやすいホルモン「レプチン」の数値が低く改善されていた(←生活習慣病の予防に繋がります)のは

1位:1日平均レモンを0.7個以上摂っていた人

2位:1日平均レモンを0.3~0.7個摂っていた人

3位:1日平均レモンを0.3個未満摂っていた人

になったそうです。

 

このことからも、1日1個のレモンを食べるのが(しかも継続して)、望ましいと言われているんですが、この実験では1日1個のレモンを毎日丸ごと食べていたわけではなくて、1個分のレモン果汁(平均約30ml)を摂取していたんです。

 

1日1個分のレモン果汁=30ml=大さじ2杯

になるので、ドリンクに入れたりお料理に入れたり、またはそのままクーっと飲んだり・・と、案外クリアできそうな量に思えますよね☆

 

食べ過ぎはNGですが、適量であれば毎日摂取するのがおすすめのレモン。

1日1個のレモンで健康的な体をゲットしちゃいましょう(๑•̀ •́)و✧

 

レモンの適量!赤ちゃんの適量はどのくらい?

私達大人は1日1個が適量のレモンですが、赤ちゃんはどうなのでしょうか。

この答えは、赤ちゃんへのレモンは生後11ヶ月~1年頃の離乳食になってから、1滴程度ずつ様子を見ながら与えるのが◎。

 

ビタミンCや食物繊維が豊富で酸味が強いレモンなので、赤ちゃんにとっては

・消化に時間がかかり下痢を引き起こす

・クエン酸が胃腸に負担をかける

・酸味を嫌がる

・アレルギー反応を起こす

などが考えられる為、レモンは積極的に赤ちゃんに食べさせたい食べ物とは言えないのだとか。

ビタミンCをあげたいのなら、他の果物からあげるのがおすすめなんです。

 

どうしてもレモンを食べさせたい場合は、直接レモンやレモン汁を与えるのではなく、離乳食や赤ちゃん用のヨーグルト、乳製品などにレモン汁を1滴垂らして、赤ちゃんの様子を見ながら食べさせるようにしましょう。

 

具体的な赤ちゃんへのレモンの適量としては、あくまで目安になりますが45g程の赤ちゃん用の乳製品に

11ヶ月~1歳:レモン汁1~2滴

1歳~1歳半:レモン汁2~3滴

1歳半~2歳:レモン汁2~3滴

程を入れてスタートするのがおすすめですよ。

キウイが固いときに柔らかくする方法!固いキウイの美味しい食べ方も!甘酸っぱくて美味しいキウイ。 値段も手ごろで 季節を問わず入手しやすいことから 人気の果物ですよね。 私...

 

レモンの適量!妊娠中の適量はどのくらい?

妊娠中であっても、そうでない時と同様に食べ過ぎなければ、レモンを食べてもOK!

妊娠中の1日のビタミンCの摂取目安量は110mgとされていて、レモン1個のビタミンCが100mgになりますから、1日1個のレモンを食べれば、ほぼクリアできますよね。

 

あと、レモンのあの香りは「つわりの対策」にもなると言われていますし、妊娠中は「妊娠高血圧症」を予防する為に、減塩を心掛けることも大切!

そこで、お塩や醤油の代わりにレモンで味付ければ、つわり対策にも減塩にもなるので妊娠期間中のレモンはおすすめですよ。

 

食べ過ぎ注意で大変な妊娠時期を、レモンパワーで元気に乗り切ってくださいね(⑅•ᴗ•⑅)


スポンサーリンク


レモンの効果や効果的な食べ方は?

さて、食べ過ぎると体に良くないレモンではありますが、適量を食べる分には私達の体に嬉しい効果がたっぷり!

レモンにはどんな効果があるのか、また効果的な食べ方を紹介していきますね。

 

レモンの効果は?

レモンの効果!ビタミンCの効果

レモンといえば、ビタミンC。

食べ過ぎると中毒症状などで、腹痛や吐き気などを引き起こすこともあるビタミンCではありますが、適量ならば健康や美容に良い栄養であることは、よく知られていますよね。

ビタミンCの効果には・・

抗酸化作用、抗ストレス作用、免疫力アップ、風邪予防、美肌効果、抗アレルギー作用、シミしわ予防、アンチエイジング、コラーゲンの生成サポート、肝機能サポート、むくみ予防

など。

 

ビタミンCの1日の摂取目安量が100mg(妊娠中の方は110mgね)で、レモン1個にビタミンC100mgが含まれている点もレモンの嬉しいところかも٩(*´꒳`*)۶°˖✧

 

レモンの効果!クエン酸の効果

レモンの酸味成分であるクエン酸。

このクエン酸にも嬉しい効果がいっぱい!具体的には・・

疲労回復、糖質の代謝をサポート(←ダイエット効果に♪)、新陳代謝促進、ミネラル(カルシウムなど)の吸収促進、消化促進、作業効率のアップ

など。

 

これだけでもブラボーなんだけど、特に最近クエン酸の効果として注目を集めているのが「骨粗鬆症予防の効果」で、2016年にポッカサッポロフード&ビバレッジと県立広島大が行った共同研究によると

中高年の女性44名に、1本200ml(レモン果汁30mlとカルシウム350mg入り)のドリンクを半年間毎日飲用してもらったところ、骨密度が1.3%もアップし、その後半年間、このアップした状態をキープできたという結果が得られたのだとか。

 

これは、クエン酸のキレート作用と呼ばれる働きによるもので、クエン酸がカルシウムの吸収をサポートして骨密度をアップさせているそうです。

 

ね、クエン酸って、ますますブラボーでしょ?

し、か、も、この研究では、血圧の数値も低下していることが判明して、高血圧の改善効果も見られたんですって。

クエン酸もレモンもブラボー!・・ですよね◝(⁰▿⁰)◜✧

 

レモンの効果!食物繊維の効果

レモンにはペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれています。

食物繊維といえば、腸内環境改善や便秘の改善など女性に嬉しい栄養。

ダイエットや美肌効果にも繋がる頼もしい栄養ですよね。

 

レモンの食物繊維ペクチンは、水溶性の食物繊維で便の排出をスムーズにしてくれる効果が期待出来るうえに、コレステロールや糖の吸収を抑えてくれる効果もアリ(わぁぉ!)

 

あと、1日の食物繊維の摂取目安量は18mgだとされているのですが、レモンを皮ごと食べることで、食物繊維は4.9mg摂取することができるんです。

 

ということは、たった1個のレモンで、1日の約1/4分の食物繊維を摂れることに。

レモンって、やっぱり素敵な食べ物なのかも♪

 

レモンの効果!高血圧予防の効果がある

先程、レモンの適量の項目で「レモンを1日平均0.7個以上食べていた人は、高血圧の改善が見られた」という実験結果を紹介しましたが、高血圧の改善が見られた実験は、これだけではありません。

 

・ある実験では、高血圧自然発症のラットに5%に希釈したレモン汁を90日間与えたら、血圧が降下する傾向が見られたという実験結果もあるそうです。

・また、県立広島大学保健福祉学部の研究者が広島県の中高年女性101名を対象に行った調査によると、レモンとウォーキンングの組み合わせが血圧降下に効果的な可能性があるという結果が得られたのだとか。

 

中高年の3~4人に1人は高血圧だと言われていますから、これは心強い(そういう私も、高血圧の家系なので注意してる)

あと、

・調味料代わりにレモンを使うことで減塩になる

・レモンに含まれているカリウムよる体内の塩分濃度調節効果

・レモンのリモネンによる香り(リラックスやリフレッシュなどのアロマ効果)

なども、高血圧予防に繋がりそうですよね。

 

レモンの効果!生活習慣病予防の効果

高血圧予防や改善も生活習慣病予防になりますが、レモンの効果は高血圧だけじゃないんです。

レモンのポリフェノール「エリオシトリン」には、中性脂肪を減少させる効果があると日本経済新聞の「レモン成分に脂肪肝抑制効果 三重大チームが発見」で掲載されています。

中性脂肪を減少させてくれるということは、動脈硬化予防や内臓脂肪減少などの生活習慣病予防に繋がる嬉しい効果◎

 

あと、県立広島大学保健福祉学部の堂本時夫教授によると、レモンに含まれるフラボノイドには、脂質の代謝を改善する働きがあることからメタボの予防や改善に効果があるのだとか。

 

う~ん♪

レモンって、ほーーんとに、頼もしい食べ物なんですね( *´ω`* )

レモンの効果的な食べ方は?

レモンは皮にたっぷりの栄養が含まれているので、できれば皮ごと食べるのが効果的なので、皮ごと食べれる食べ方をメインに紹介していきますね。

 

レモンの効果的な食べ方!酢レモン

酢玉ねぎとか酢キャベツとか、流行りましたよね!

レモン+お酢の効果でますます健康パワーアップが期待出来ちゃう効果的な食べ方です。

 

作り方

1、レモン2個をよく洗って輪切りにする

2、容器に入れてお酢を注ぐ

3、冷蔵庫でひと晩寝かす

 

水で割って飲んだりドレッシングにしてもOK!

動画でもおっしゃっていますが、酸っぱいのが気になる方はハチミツを入れると◎。

 

分量の目安としては

・レモン:2個

・お酢:400ml

・はちみつ:50g

がおすすめですよ。

 

レモンの効果的な食べ方!塩レモン

 

皮ごとレモンを、色々なお料理に使えちゃう塩レモンにするのもおすすめ!

 

材料

・レモン:2~3個

・塩:40g

・砂糖:200g(グラニュー糖がおすすめ)

・水:200ml

 

作り方

1、レモンはよく洗ってくし形に切り白いワタとタネを取り除く

2、レモンを耐熱容器に入れる

3、鍋に塩と砂糖、水を入れて混ぜ、沸騰させる

4、レモンの容器に3を入れる

5、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて、ひと晩寝かせる

 

完成した塩レモンは、サラダやドレッシング、お肉のレモン煮やクリーム煮、パスタ、アクアパッツァ、海老の炒め物などにgood。

お料理と一緒にレモンも食べれちゃうのは、嬉しいかも(*´︶`*)♡

 

レモンの効果的な食べ方!レモンピール

 

栄養たっぷりな皮をしっかり食べたい方は、甘酸っぱくて美味しいレモンピールにするのもおすすめ。

 

材料

・レモン:2個

・グラニュー糖:レモンの皮と同量

・グラニュー糖:まぶす用に

 

作り方

1、レモンをよく洗ってカットし、皮と果肉にわける

2、皮を5mm幅にカットする

3、フライパンに水と皮を入れて沸騰させる(3回繰り返す)

4、水気を切った皮をフライパンに入れる

5、レモンと同量のグラニュー糖を入れて弱火で加熱し、混ぜ続けて煮詰める

6、グラニュー糖をまぶして冷蔵庫で1日寝かせる

 

砂糖をかなり使うのが気になるものの、これ、かなり美味しそう(๑・﹃ ・๑)

皮と果肉を分けるので皮はピールで、果肉部分はミキサーでジュースにして丸ごとレモンをチャージしちゃうのがいいかも♪

バナナは食べ過ぎ注意!1日に何本までかや効果的な食べ方も!1年中、スーパーで手に入れることができるバナナ。 朝食や間食に食べたりと、食べる頻度が高いフルーツですよね。 私も家族で毎日...

 

レモンの効果的な食べ方!レモン白湯

胃腸を温めて腸内を活性化し、デトックス効果が期待できる白湯に、レモン果汁を加えるのも◎。

使用するのはレモン果汁のみですが、白湯とレモン両方の効果が期待出来ますよ。

 

作り方

1、やかんに水を入れてフタをして、火にかける

2、沸騰したらフタを外す

3、10~15分、弱~中火で煮たたせる

4、カップに200ml注いで、レモン果汁(大さじ1程)入れる

 

レモン果汁を入れる際、レモンの皮を下に向けて絞ると皮に含まれるリモネンなども果汁と一緒に白湯に入るのでおすすめ。

海外セレブにも人気のレモン白湯、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


スポンサーリンク


まとめ

レモンを食べ過ぎるとどうなるのか、適量や効果的な食べ方などを見てきました。

 

<レモンを食べ過ぎるとどうなるのか>

レモンを食べ過ぎると

・レモンのビタミンCにより腹痛や吐き気

・レモンのビタミンCにより下痢

・レモンのクエン酸により胃痛

・レモンは酸性なので歯が溶ける

・レモンの皮の農薬の影響への不安

などが起こる可能性がある

 

<レモンの適量>

レモンは1日1個が適量

 

<レモンの効果的な食べ方>

皮に栄養が多く含まれているので、皮も食べるのがレモンの効果的な食べ方

・酢レモン

・塩レモン

・レモンピール

・レモン白湯

などにして食べるのが◎

 

体に嬉しい効果がたっぷりのレモンですが、食べ過ぎには注意が必要なことがわかりましたよね。

適量を守って楽しく&安全にレモンを楽しみたいなぁ♪

私は色々なお料理にも使えて美味しそうだった「塩レモン」から、まずはチャレンジしてみるつもり。

1日1レモンで健康と美容をしっかりゲットしちゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡