野菜

ミョウガを食べ過ぎると物忘れ・ばかになる?適量や栄養・効能も解説!

先日、ご近所さんにミョウガをドッサリ頂いたんです。

薬味にしたり炒めたり、天ぷらにしても美味しいミョウガなので、私は大好きなんですけどね、家族がミョウガ嫌いで食べないんです・・。

 

「え・・この大量のミョウガ、私ひとりじゃ、食べ過ぎだよね?」

ミョウガって食べ過ぎると、物忘れが増えたり、ばかになるって、子供の頃聞いたことがある気がするんだけど・・((;´•ω•`;)))

 

そんなわけで今回は、ミョウガの食べ過ぎについて徹底調査!

ミョウガを食べ過ぎると物忘れがひどくなるとか、ばかになるのは本当なのかや、ミョウガの適量、栄養や効能について調べてみました。

 

この記事でわかること

・ミョウガを食べ過ぎると物忘れや、ばかになるのか

・ミョウガの食べ過ぎは妊婦にはよくないのか

・ミョウガの適量

・ミョウガの栄養と効能

・ミョウガでアレルギーになることはあるのか

・ミョウガの美味しいレシピ3選

・ミョウガを食べるのは日本だけなのか


スポンサーリンク

ミョウガを食べ過ぎると物忘れやばかになる?

ミョウガを食べ過ぎると物忘れが増えたり、ばかになるのか。

まず、これはズバリ事実無根で迷信になります

 

なぜ、このように言われはじめたのかというと、お釈迦様の弟子「周利槃得(シュリハンドク)」がその所以になっていて、諸説あるんですが

①周利槃得は、物忘れがひどく、自分の名前さえも忘れることがあったので、自分の名前を名札に書いて、首からぶら下げていた(名札をぶら下げていることさえも忘れることがあったそう)

で、この名札のことを、当時「名荷(みょうが)」といい、茗荷(ミョウガ)と同じ発音だった為、「茗荷=物忘れ」となり、茗荷を食べると物忘れがひどくなったり、ばかになると言われるようになった

②物忘れがひどかった周利槃得のお墓周辺から、ミョウガが生えてきた為、ミョウガを食べると物忘れがひどくなったり、ばかになると言われるようになった

など。

 

自分の名前を名札に・・って、しかも名札をぶら下げていることを忘れちゃうって(笑)

メガネをかけたままメガネを探す的な、感じでしょうかねぇ(←え、私だけ?)

 

いずれも、このエピソードが「ミョウガを食べ過ぎると、物忘れやばかになる」と言われている理由なので、これは科学的根拠はなし!

ミョウガを食べ過ぎても、物忘れがひどくなったり、ばかになることはないので、ご安心くださいね。

 

ただ、ミョウガの食べ過ぎは、物忘れやばかになる以外に、いくつか注意が必要な点があるんです。

ひとつずつ紹介していきますね( •⌄• )◞

 

ミョウガの食べ過ぎは下痢になる?

ミョウガには不溶性食物繊維が含まれている為、食べ過ぎると下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。

不溶性食物繊維は、適量であれば

腸内で水分を吸収して膨らむ→腸壁を刺激して排便を促す→便秘の改善になる

という嬉しい効能がありんですが、食べ過ぎてしまうと胃腸が刺激されすぎて下痢や腹痛に繋がってしまうんです。

 

ただ、ミョウガ100gあたりの不溶性食物繊維量は約1.7gになり、他の野菜と比べると(全て100gあたり)

ミョウガ1.7g
ゴボウ3.4g
ニンジン2g
モロヘイヤ4.6g
枝豆4.6g

と、ミョウガの含有量は、決して多いわけではありません。

適量を食べる分には問題ないと言われていますが、食べ過ぎには注意をしましょう。

 

ミョウガの食べ過ぎは寄生虫に注意?

これは食べ過ぎに限ったことではないのですが、ミョウガには寄生虫がいる可能性があり、この寄生虫によって食中毒を引き起こす可能性があるんです。

 

ミョウガにいる寄生虫は「肝蛭(カンテツ)」と呼ばれる寄生虫になり、通常、牛や豚などの胆管に寄生している虫になりますが、この幼虫や卵がミョウガに寄生している可能性があるんです。

で、それを食べてしまうと中毒症状を引き起こしてしまい、具体的な中毒症状は

・下痢

・嘔吐

・腹痛

・発熱

などになります。

 

予防法としては

・しっかり洗う

・加熱する

と、◎。

薬味など生で食べる場合は、しっかり洗うことが大切ですよ(*´ー`*)

ミョウガの食べ過ぎは気持ち悪い?

先程紹介した「寄生虫」が原因ではないのに、ミョウガを食べ過ぎて気持ち悪い・・この場合の原因は、ミョウガの栄養成分ミョウガジアールやαピネンによる、刺激が考えられます。

 

これらの栄養成分は、適量であれば嬉しい効能を持つ成分になるんですが(←効能については、後程詳しく~)、特にαピネンは粘膜に刺激をあたえる成分になるので、食べ過ぎてしまうと、口内や喉、胃がただれてしまう可能性があるんです。

なので、胃が弱い方は注意が必要!

 

予防するには

・加熱する

・マヨネーズやドレッシングなど油を含む物で味を付ける

・サッとゆでる

などで、刺激が緩和されますよ◎。

 

ミョウガの食べ過ぎはビタミンKの過剰摂取になる?

ミョウガ10個には、1日の摂取目安量の約1/3量のビタミンKが含まれている為、ミョウガの食べ過ぎはビタミンKの過剰摂取に繋がります。

 

ビタミンKは、健康な方であれば、過剰摂取しても健康に害を及ぼすことはないのですが、血栓を作って止血する働きがあるので

・血栓症の方

・抗血液凝固剤(ワーファリンなど)を服用している方

は、ミョウガの食べ過ぎには注意が必要になりますよ。

 

ミョウガの食べ過ぎはガンになる?

ミョウガを食べ過ぎるとガンになる・・そんな話しもありますが、これは科学的な根拠がない話しになります。

 

ただ、考えられるとすれば、ミョウガ自体に発ガン性があるのではなく、ミョウガの肥料に使われる「硝酸性窒素」という物質が、過剰摂取すると発ガンの可能性があると言われているんです。

 

とはいえ、ミョウガって、毎日大量に食べ続ける食材ではないですし、食べる前にしっかり洗うことで農薬は落ちるので、それほど心配はいらない話しになりますよ(⑅•ᴗ•⑅)


スポンサーリンク


ミョウガの食べ過ぎは妊婦にはよくない?

妊婦さんは、ミョウガの食べ過ぎには注意が必要です。

その理由は、ミョウガに含まれる「シュウ酸(アク、えぐみ)」で、このシュウ酸は、妊婦さんにとって大切な鉄分やカルシウムの吸収を阻害してしまうんです。

ただ、アク抜きをして、このシュウ酸減らせば問題なく食べることができ、ミョウガのアク抜き方法は、水に浸けておけばOK(簡単~♪)

大事な赤ちゃんの為に、ミョウガは水に浸けてシュウ酸を減らしてから食べるようにしましょう◎。

 

先程紹介した寄生虫の不安もあるので、妊婦さんがミョウガを食べる場合は、しっかり水洗いするのはもちろん、加熱してから食べるのが安心かもしれませんよね(๑•᎑•๑)

ミョウガの適量は?

ミョウガの1日当たりの適量は、特に決められていません。

毎日、何十本も食べ続けるなどをしなければ、特に健康上の問題はないと言われています。

 

私的には「1日5本前後として、マックス10本まで」としておくのが適量といえるのかな?と思うのですが、皆様はいかがでしょうか。

 

ミョウガの食べ過ぎは、先程挙げたような症状が出る可能性がある他、ミョウガを生で食べ過ぎると、ミョウガの辛み成分(ショウガジアール)や、香り成分(αピネン)などが、口内に刺激や不快感を与える可能性もあるので、食べ過ぎないほうが安心ですよ(๑•᎑•๑)


スポンサーリンク


ミョウガの栄養や効能は?

ミョウガの栄養成分には

・αピネン(アルファピネン)

・ミョウガジアール

・ゲラニオール

・カンフェン

・食物繊維

・カリウム

・ビタミンK

などがあり、これらの栄養には

集中力アップ、抗菌効果、食欲増進、覚醒効果、便秘解消、生活習慣病予防、鎮痛・鎮静効果、デトックス効果、エストロゲン分泌、むくみ予防、高血圧予防、止血効果

などの効能があります。

それぞれの栄養が持つ効能を、詳しく見ていきましょう!

 

ミョウガの栄養①αピネンの効能

αピネンとは、ミョウガの香りの成分になり、その効能には

覚醒効果(眠気を覚ます、頭をスッキリさせる)、デトックス効果(発汗促進、利尿作用)、食欲増進効果、活性酸素除去(アンチエイジングや病気予防)

などがあります。

 

αピネンは、アロマテラピーの精油にも含まれる芳香成分になり、

・眠気を覚まして、仕事や勉強に集中したい

・夏バテで食欲がない

などにおすすめの栄養成分になりますよ。

 

ミョウガの栄養②ミョウガジアールの効能

ミョウガジアールとは、ミョウガに含まれる辛み成分になり、その効能には

抗菌・鎮静効果(喉の痛みの緩和、口内炎緩和)、デトックス効果、風邪予防

などがあります(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

 

ミョウガの栄養③ゲラニオールの効能

ゲラニオールもアロマ精油に含まれることが多い芳香成分になり、ミョウガの辛み成分でもあります。

その効能には

抗菌効果、鎮痛効果、鎮静効果、整腸効果(便秘解消)、胃もたれ解消効果、エストロゲンの分泌促進、腸内のガスの排出作用

などがあり、女性ホルモンのエストロゲンを分泌させる効能があることから

PMSの緩和、更年期症状の緩和、美肌効果

なども期待でき、世界の三大美女のひとりクレオパトラは、ゲラニオールを含むバラ風呂によく入っていたそうですよ(ღˇᴗˇ)。o♡

 

ミョウガの栄養④カンフェンの効能

カンフェンもミョウガの辛み成分で

抗菌効果、鎮痛効果、鎮静効果、夏風邪の緩和、喉の痛みの緩和、口内炎の緩和、頭痛の緩和

などの効能が期待出来ます◎!

ミョウガの栄養⑤食物繊維の効能

ミョウガは食物繊維でも、不溶性食物繊維を特に多く含んでいます。

不溶性食物繊維の効能は

腸内環境の改善、便秘の改善、大腸がん予防、生活習慣病予防

などが期待出来ますよ☆

 

薬味に使われることが多いミョウガなので、ちょっと脇役イメージが強いですが、食物繊維も持っている、素晴らしい野菜!

私、かなりミョウガのことを、見直しちゃっています(灬ºωº灬)♡

 

ミョウガの栄養⑥カリウムの効能

カリウムの効能には

体内の水分バランスの調整(むくみの改善や予防)、体内の塩分濃度調整(高血圧の改善や予防)

などがあります。

 

私は、両親や先祖が高血圧家系なので、高血圧の効能にも惹かれるんですが、むくみの改善予防といえば、女性には嬉しい効能になりますよね◎。

ミョウガを食べて、すっきりクリアな体を目指した~い٩(*´꒳`*)۶°˖✧

・・ってことで、おすすめのミョウガをご紹介!

 

厳選された高知県産のミョウガです。

美味しさが際立ち&味わえる一品として、まずは薬味で食べるのがおすすめですが、薬味だけでなく汁ものや炒め物、揚げ物にしてもgoodなミョウガになります。

ドドンと1キロのミョウガを、心ゆくまで味わってくださいね。

 

でねでね、こんな素敵なミョウガ商品も見つけたので、合わせてご紹介しま~す

 

高知県産のミョウガチップスです。

オヤツとして食べれば

・ほんのりとした甘さ

・シャキシャキ食感

・爽やかな香り

が、しっかり味わえますし、砕いてサラダのトッピングにしたり、薬味に使ってもOK。

 

色味も綺麗で、美味しそうですよね~。

目にも美味しい&使い勝手抜群なミョウガチップスを、ぜひ一度ご賞味くださいね☆

 

ミョウガの栄養⑦ビタミンKの効能は?

ビタミンKには

止血効果、骨粗鬆症予防、骨や血管(動脈)の健康維持

などの効能があります。

 

とても嬉しい栄養ビタミンKではありますが、実は、ビタミンKは腸内の細菌により体内でも合成されます。

なので、通常の食生活を送っていれば不足の心配は、ほとんどないと言われる栄養なんですよ☆


スポンサーリンク


ミョウガアレルギーになることはある?

ミョウガによって、アレルギーになる方は少ないと言われています。

 

まず、アレルギーになりやすい為、表示義務がある7品目として

卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに

があり、次に表示義務はないものの、アレルギーが出やすく表示したほうが良いとされている20品目として

あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・バナナ・ごま・カシューナッツ

などがありますが、ミョウガはいずれの中にも含まれていません。

 

ただ、ミョウガの辛み成分により、口内がピリつくため「アレルギーかな?」と思われる方もいらっしゃるのだとか(←これはアレルギーではありません)

 

とはいえ、ミョウガで絶対にアレルギーが起こらないわけでもなく、例えば口内のピリピリ感に加えて

・湿疹ができる

・口のまわりが赤くなる

・口のまわりが痒い

などの症状が表れた場合は、アレルギーの可能性もあるので、病院を受診するのが安心ですよ。

特に、ミョウガによるアレルギーは、生姜にアレルギーがある方に、起こりやすいので注意をしてくださいね( ´^`° )

ミョウガの美味しいレシピ3選!

続いて、ミョウガの美味しいレシピを紹介したいと思います。

ミョウガは薬味だけじゃもったいない・・そんな素敵レシピのご紹介です☆

 

ささみミョウガのわさびマヨ

 

材料

・ささみ 3本

・ミョウガ 2本

・きゅうり 1本

・塩コショウ  少々

・酒 大さじ1

・マヨネーズ  大さじ3

・しょうゆ  小さじ1

・わさび  小さじ1

 

作り方

1、ミョウガときゅうりは千切りにする

2、ささみはフォークで数カ所穴をあけ、塩こしょう、酒をふり、ふんわりとラップをかけてレンジで加熱する(600W3分)

3、2のささみの粗熱が取れたらほぐす

4、ボウルにマヨネーズ、しょうゆ、わさびを入れて混ぜる

5、4のボウルにささみ、みょうが、きゅうりを加えてよく混ぜる

 

夏にピッタリな一品!

夏バテで、食慾減退中でもモリモリ食べれちゃうかも♪

 

豚とミョウガの梅味噌炒め

 

材料

・豚こま肉 100g

・しめじ 1/2パック(石突きをカットしてほぐず)

・ミョウガ 2個(斜め薄切り)

・ごま油 大さじ1

・生姜チューブ 小さじ1

<調味料>

梅肉チューブ 小さじ1、味噌 小さじ1、砂糖 小さじ1、醤油 小さじ2

・大葉 3枚くらい(千切り)

 

作り方

1、フライパンを加熱しごま油と生姜を入れ、香りが立ってきたら豚こま肉を入れて炒める

2、豚肉に火が通ってきたら、しめじを加えて炒める

3、しめじに油が回ったらミョウガと調味液の材料を加えてサッと炒める

4、器に盛り付けて、大葉をトッピングする

 

これもアチチな夏にピッタリ☆

夏バテや疲労回復に効果がある豚肉とミョウガの最強レシピ~。

ミョウガと梅の香りが、食欲をそそる一品です。

 

ミョウガと豚バラエッグ丼

 

材料

・豚バラ肉 50g

・みょうが 2本

・玉ねぎ 1/4個

・トマト 1/2個

・卵 1個

・ごま油 小さじ2

・しょうゆ 小さじ1

・片栗粉 大さじ1~

・塩 少々

・粗挽き黒こしょう 少々

・ごはん 丼ぶり1杯分

 

作り方

1、豚バラ肉に塩、粗挽き黒こしょうをふり、片栗粉をまぶして、余分な粉ははたき落とす

2、トマトは1cm幅の半月切りにする

3、みょうがは千切り、玉ねぎは薄切りにする

4、フライパンにごま油を温め、豚バラ肉を焼く

5、器にごはんを盛り付け、トマトを乗せる

6、4のフライパンの空いたスペースに玉ねぎ、みょうがを炒める

7、炒めた野菜の上に豚肉をのせ、しょうゆをふる

8、卵を落とし、ふたをして半熟にする

9、8をトマト上にのせる。

 

ちょっと、斬新なメニューだと思いませんか!?

私、これ、かなり好き系かも♡

半熟卵と豚肉、ミョウガの辛みが最高な美味しいレシピです(*´﹃`*)ジュル…

アスパラガスは食べ過ぎ注意!適量や栄養・効果についても解説!野菜嫌いな、我が家の夫。 でも、唯一アスパラガスだけは好んで食べるんです・・しかも、ものすごくモリモリと。 いや、食べてくれ...
なめこは食べ過ぎ注意!適量や栄養・効果についても解説!先日、スーパーでなめこを買い、帰宅して冷蔵庫を開けたら、使い忘れのなめこがあることことに気付いてガックリ・・なめこ、家にあったんだ_( ...

ミョウガを食べるのは日本だけ?

そうなんです・・実は、ミョウガを食べるのって日本だけなんです。

驚きですよね?!

 

中国にもミョウガがあるにはあるんですが、食材としてではなく、漢方の材料として使われているのだとか(漢方に使われるってことは、ミョウガがいかに薬効=効能があるかがわかるよね~)

 

なぜ、日本で食べられているかというと

・温暖で湿気が多い日本の気候がミョウガ好み

・ミョウガは育てやすく、どんどん生えてくるので昔から庶民に重宝がられていた

などがその理由。

 

栄養や効能がたっぷりなミョウガなので、食べておいて損はナシ!

日本人で良かった~、と言えちゃうかも╰(*´︶`*)╯♡

パセリを食べ過ぎると危険?適量や栄養・効能についても解説!先日、友人からパセリを貰ったんです。 その友人は、趣味で畑を借りて色んな野菜を育てていて、時々お裾分けしてくれるんです。 ...
水菜の食べ過ぎは体に悪い?適量や栄養・効能についても解説!サラダに炒め物、汁物、鍋物など調理方法を選ばず使えるので、我が家の食卓への登場率がけっこう高い、水菜。 味のクセも、お値段...

まとめ

ミョウガを食べ過ぎると物忘れがひどくなったり、ばかになったりするのか、ミョウガの適量や栄養と効能などを見てきました。

 

<ミョウガを食べ過ぎると物忘れがひどくなったり、ばかになるのか>

ミョウガを食べ過ぎると物忘れがひどくなったり、ばかになる・・というのは迷信で、その科学的根拠はない

 

<ミョウガの適量>

ミョウガの1日当たりの適量は、特に決められていないが「1日5本前後として、マックス10本まで」しておくのがおすすめ

 

<ミョウガの栄養と効能>

ミョウガの栄養と効能には

αピネンの効能:覚醒効果(眠気を覚ます、頭をスッキリさせる)、デトックス効果(発汗促進、利尿作用)、食欲増進効果、活性酸素除去(アンチエイジングや病気予防)

ミョウガジアールの効能:抗菌・鎮静効果(喉の痛みの緩和、口内炎緩和)、デトックス効果、風邪予防

ゲラニオールの効能:抗菌効果、鎮痛効果、鎮静効果、整腸効果(便秘解消)、胃もたれ解消効果、エストロゲンの分泌促進、腸内のガスの排出作用

カンフェンの効能:抗菌効果、鎮痛効果、鎮静効果、夏風邪の緩和、喉の痛みの緩和、口内炎の緩和、頭痛の緩和

食物繊維の効能:腸内環境の改善、便秘の改善、大腸がん予防、生活習慣病予防

カリウムの効能:体内の水分バランスの調整(むくみの改善や予防)、体内の塩分濃度調整(高血圧の改善や予防)

ビタミンKの効能:止血効果、骨粗鬆症予防、骨や血管(動脈)の健康維持

などがある

 

薬味に使うなど脇役のイメージが強いミョウガなので、ミョウガにこんなに栄養や効能があるとは、本当に驚き!

食べ過ぎには注意が必要だけど、物忘れやばかになることはないようなので安心しましたよね(笑)、私は、もっとミョウガを堪能したい~。

まずは、ミョウガを食卓に頻繁に登場させて、家族のミョウガ嫌いを克服させなくっちゃ!皆様も、美味しい&健康的なミョウガ生活を送ってくださいね٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪