調味料

グラニュー糖の賞味期限は?正しい保存方法や保存容器についても!

コーヒーや紅茶に入れるだけではなく、お菓子作りにも欠かせないグラニュー糖。

癖がなく、サラサラとしていて使いやすいですよね。

 

そんなグラニュー糖の賞味期限ってご存知ですか

いつ買ったか覚えていない、という方もいるのではないでしょうか。

 

グラニュー糖ってどのように保存すればいいかも気になりますよね。

 

そこで今回は、

グラニュー糖の賞味期限

グラニュー糖の正しい保存方法

グラニュー糖のおすすめの保存容器

固まってしまったグラニュー糖の対処法

食べられないグラニュー糖の見分け方

砂糖の種類による使い分け方

 

について徹底調査しました!

では、さっそく見ていきましょう。




グラニュー糖の賞味期限は?

普通のお砂糖って賞味期限が書かれていないですよね。

グラニュー糖にも書かれていません。

 

グラニュー糖の賞味期限はあるのかどうか調べてみました。

 

グラニュー糖に賞味期限はある?

食品表示法において、砂糖は賞味期限表示の省略が認められています。

書かれていないということは、賞味期限がないと思っていいということです。

 

グラニュー糖は、正しく保存すれば、長期保存が可能で、10年以上も保存できます

袋入りのものでもスティックタイプでも同じです。

 

かなり長期間保存していると、白かった砂糖が茶色っぽくなることがあります。

さすがに食べられないと思いますよね?

 

実はそれでも食べられます!

長期間保存することによって、サトウキビ由来のアミノ酸が反応して変色しただけなので、品質には問題ありません。

 

グラニュー糖の賞味期限がないのはなぜ?

なぜグラニュー糖には賞味期限がないかご存知ですか?

 

グラニュー糖は、長期間保存しても、ほとんど変質しません

だから、賞味期限を記載しなくてもいいとされています。

 

変質しにくいのは、ほとんど水分が含まれていないからです。

水分がなければ、腐る心配がないので長期保存が可能になります。

 

変質しなくても、長期間保存したら、虫に食われる心配はないのでしょうか?

甘いから虫がよってきそうですよね。

 

調べたところ、粉類などでは湧きやすい虫も、砂糖の中では湧くことはないようです。

仮に外から入り込んだとしても、水分を奪われて死んでしまうみたいです。

 

だから、微生物などにより腐る心配もありません。

三温糖は危険で体に悪い?カラメル色素不使用のものはコレ!皆さんは、砂糖は何を使われていますか? 食べ物って白いものより茶色いもの方が 体に良いイメージがあり、茶色い砂糖で パ...

 

グラニュー糖の賞味期限は未開封と開封後で違う?

グラニュー糖に賞味期限はなくても、開封してしまったらすぐに食べないといけないのか気になりますよね。

 

確認しましたが、開封していても、正しく保存すれば10年以上保存できます

 

もともと賞味期限が決まっていないので、未開封でも開封後でも賞味期限は変わりません

ただ、開封後はにおい移りなどの影響を受けやすいので、より保存方法が重要になります。

 

では、どのように保存すれば、長期間保存ができるのでしょうか?


スポンサーリンク


グラニュー糖の正しい保存方法は?

グラニュー糖を長期保存するためには、保存方法に気を付ける必要があります。

長持ちさせるためには、どのようなことに気を付ければいいのかご紹介します。

 

グラニュー糖を保存する際に気を付けることは?

温度や湿度の変化を少なく

温度や湿度の変化が多いと、結露が発生して固まりやすくなります。

さらに、劣化させることにもつながるので、温度や湿度の変化の少ない環境が適しています。

 

においの強いものの近くには置かない

グラニュー糖などの砂糖は、においを吸収しやすい性質があります。

洗剤や漂白剤などのにおいがついてしまったら困るので、近くにはにおいの強いものは置かないようにしましょう。

 

虫が入らないように

グラニュー糖に虫が入り込んでも、生きていくことはできませんが、死んだ虫が入っているのは嫌ですよね。

虫の侵入を予防するには、密閉容器に入れるのが安心です。

 

グラニュー糖の正しい保存方法!

正しい保存方法って難しいのかな?と心配になりましたが、いたってシンプルです。

 

ポイントは2つ。

 

常温で保存すること

冷暗所に置いておくこと

 

とっても簡単ですよね。

 

冷蔵庫に入れる必要はありません。

むしろ、よく開け閉めする冷蔵庫に入れておくと、結露が発生する可能性があります。

結露はグラニュー糖にとってよくないので、常温の方が適しています。

 

冷凍したらもっと保存できそう!と思っていましたが、冷凍でも結露の可能性があるのでよくないそうです。

 

直射日光や高温多湿の場所を避け、冷暗所に保存しておくと安心です。


スポンサーリンク


グラニュー糖のおすすめの保存容器は?

グラニュー糖を保存するのに、実は保存容器がとても重要です。

 

グラニュー糖のおすすめの保存容器は?

私は今までグラニュー糖は袋のまま保存していました。

そこまで使用頻度も高くないので、引き出しの奥にひっそりと。

 

しかし、グラニュー糖の袋は、保存には適していないそうです。

輸送や陳列の際に、袋が破裂するのを防ぐために、袋に小さな穴があいています。

袋のまま保存すると、湿気やまわりの食品からのにおい移りといった影響を受ける可能性があります

 

面倒でもそのまま保存せず、タッパーなどの蓋がついた密閉容器に入れるといいです。

未開封だったとしても、穴からの影響があるので、密閉容器に入れておくと安心です。

 

密閉容器に入れておけば、湿気の影響も受けにくいので、固まりにくくなるというメリットもあります

コンソメキューブ1個は何グラム?大さじだと?水の分量も解説!皆さんは、コンソメキューブってよく使いますか? 料理をするご家庭には、大抵置いてある 調味料ではないでしょうか。 ...

 

おすすめの保存容器を紹介!

フレッシュロック

 

プラスチック製の容器で軽くて丈夫です。

 

4個セットなので、他に密閉して保存しておきたいものにも使えます。

使ってみてちょうどいい大きさを買い足すことも可能です。

 

蓋がワンタッチなので、とても使いやすいです

透明の容器で、どこからでも中身が確認できます

 

LOLO キャニスター

LOLO ロロ BS00 キャニスター ソルト シュガー 350ml 70001 70002 キャニスター

 

砂糖と塩の保存容器のセットです。

ダブルパッキンになっているので、しっかり密閉されます。

 

電子レンジや食洗機でも大丈夫なので、使い勝手がいいですね。

 

清潔感のある白を基調としていて、シンプルなので揃えたくなるデザインです。

おしゃれに保存しておきたい方におすすめです。

 

他にコーヒーや紅茶用などもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

たたらのドライキャニスター

 

多孔質の赤土を使用することで、中の湿度を調整してくれています。

これを使えば、砂糖も塩も固まりにくくなるのでノンストレスです。

 

マグカップのような形をしているので使いやすいです。

機能がいいだけではなく、見た目もおしゃれなので、プレゼントにも喜ばれます。


スポンサーリンク


固まってしまったグラニュー糖の対処法!

グラニュー糖は、砂糖の中では比較的固まりにくいです。

それでも、長期間保存していると固まることがあります。

 

もし、固まってしまっていても、力を加えると簡単にほぐれることがほとんどです。

スプーンなどで押すと簡単ですよ。

 

多少ダマになっていても品質には問題ないですが、固まっていると使いづらいですよね。

力を加えてもほぐれない場合の対処法をご紹介します。

 

普通の砂糖が固まってしまった時にも使える方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

霧吹きで水分を与える方法!

霧吹きでごく少量の水を吹きつけてから蓋をして、そのまま3~4時間程度放置しておくだけです。

 

昔から行われている方法で、簡単に固まってしまった砂糖をほぐすことができます。

ただ、水をかけすぎてしまうと、砂糖が溶けてしまうことがあるので注意が必要です。

サラダチキンダイエットで痩せない!失敗しない効果の出るやり方はコレ!すっかりメジャーになった コンビニのサラダチキン。 最近ではコンビニだけでなく スーパーなどでも見かけますよね。 ...

 

食パンを入れる方法!

砂糖を入れていた容器の中に、食パンを入れておくだけです。

食パンが直接砂糖には触れないように、食パンをラップやお皿の上に置くといいです。

 

食パンを入れてから5~6時間経ったら食パンは出しましょう。

ずっと入れておくとカビが生える可能性があるので、入れたままは危険です。

 

食パンが家にないという方は、リンゴの皮やキャベツなどを入れても同じような効果が得られます。

 

電子レンジで加熱する方法!

グラニュー糖を電子レンジに入れて1分程度加熱するだけです。

加熱する目安は、砂糖200gの場合500Wで1分程度です。

 

ただ、加熱しすぎると砂糖が溶けてしまうので、確認しながら行ってください。

 

この方法は、グラニュー糖には適していますが、上白糖(普通の砂糖)には適さないのでご注意ください。


スポンサーリンク


食べられないグラニュー糖の見分け方は?

グラニュー糖には賞味期限の表示がないため、期限が切れたから捨てるということはありません。

でも、何年も経ったグラニュー糖を使うのは心配になりますよね。

 

使えるかどうかは、見た目で判断するしかありません。

食べられないグラニュー糖はどのような状態なのでしょうか?

 

湿気て溶けだしている

水分や湿気を含み、溶けだしている場合は、傷んでいる可能性があります

水分が含まれた状態になると、腐る可能性があるので、溶けている状態のものは食べないようにしましょう。

 

部分的に色が変わっている

部分的に色が違う場合は、何かが染み込んでしまっている可能性が高いです。

汚染されている危険があるので、食べないようにしましょう

 

部分的ではなく、全体的な変色の場合は、問題ありません


スポンサーリンク


砂糖の種類による使い分け方を解説!

グラニュー糖は、くせがない甘さで、コーヒーや紅茶に入れるのによく使われますよね。

砂糖は、グラニュー糖だけではなく、他にも種類がたくさんあります。

 

それぞれ特徴があるので、どんな種類の砂糖があるのか見ていきましょう!

 

砂糖の種類による使い分け方!上白糖の場合!

日本で砂糖といえば、基本的には上白糖のことを言います

原料から不純物やミネラルなどを取り除いて作られ、グラニュー糖に転化糖が加えられたものが上白糖になります。

 

しっとりとした質感で、加熱するときれいな焼き色がつくという特徴があります。

料理全般に使われ、日本では一番親しまれている砂糖です。

 

砂糖の種類による使い分け方!グラニュー糖の場合!

グラニュー糖も、上白糖と同じくショ糖が主成分の白い砂糖です。

日本では、上白糖が一番使われていますが、世界的にはグラニュー糖が最も使われています。

 

サラサラしていて溶けやすいという性質があるので、コーヒーや紅茶に入れるのに適しています

また、くせのない甘さで素材の味を引き立ててくれるので、お菓子作りにもぴったりです。

 

砂糖の種類による使い分け方!三温糖や中ザラ糖(ザラメ)の場合

三温糖や中ザラ糖(ザラメ)はカラメルを含んでいます。

色が茶色っぽくなっていますよね。

 

独特の香りがあり、深みのある味わいなので、煮物などの和食と相性がいいです。

醤油や味噌などとも合うので、和食をよく作る方にはおすすめです。

 

砂糖の種類による使い分け方!きび砂糖・てんさい糖の場合!

きび砂糖やてんさい糖は、ミネラルなどを残した状態で砂糖にしているので栄養が豊富です。

 

きび砂糖は、さらさらした粉末で、黒糖に似た風味があります。

 

てんさい糖は「さとう大根(てんさい)」から作られています。

オリゴ糖も含まれているので、腸内環境も整えられます。

 

さっぱりした甘みで、様々な料理に使いやすいです。

ただ、どちらも茶色いので、色をつけたくない料理には適しません。

 

砂糖の種類による使い分け方!黒糖の場合!

さとうきびを煮詰めてシンプルに作られます。

糖蜜やミネラルなどがたくさん含まれています

甘さだけではなく、苦みや渋みなども感じられる奥深い味です。

 

純度が低いため、黒糖には賞味期限が設定されていることがあります

グラニュー糖などと比べて水分が多いので、黒糖は冷蔵庫に入れて保存すると安心です。

 

砂糖の種類による使い分け方!氷砂糖の場合!

果実酒や果実シロップづくりで使われます

水にゆっくり溶けながら徐々に糖の濃度が上がっていくという特徴があります。

 

果実の風味を引き出すのに一番適しています。

 

砂糖の種類による使い分け方!粉砂糖の場合!

グラニュー糖を粉にした砂糖です。

お菓子作りの仕上げや、アイシングに使われます

 

粉砂糖には湿度調整のため、コーンスターチが混ぜられていることが多いです。

コーンスターチのおかげで、さらさらとした状態が保たれます。

 

グラニュー糖をミキサーにかければ、粉砂糖を自分で作ることも可能です。


スポンサーリンク


まとめ

今回は、グラニュー糖について

<賞味期限>

賞味期限の表示義務はなく、定まっていない

正しく保存すれば10年以上保存できる

未開封か開封後かは関係ない

 

<正しい保存方法>

温度や湿度の変化を少なく

においの強いものの近くには置かないで

虫が入らないように密閉して

冷蔵、冷凍ではなく常温で

冷暗所に置く

 

<おすすめの保存容器>

密閉されたもの

固まりにくくする容器もある

 

などをご紹介しました。

 

正しく保存すれば長期保存できるので、気に入った容器に入れてグラニュー糖を長持ちさせましょう。