魚介類

あんこうの旬の時期はいつ?茨城・北海道・下関・千葉など産地も詳しく解説!

西のふぐ鍋、東のあんこう鍋と言われるくらいに美味とされているあんこう。

 

そんなあんこうの旬の時期はいつなのでしょうか。

また、あんこうはどこが産地なのでしょうか。

 

そこでここでは、あんこうの旬の時期や産地、味や栄養、また新鮮なあんこうの選び方や美味しいレシピなどを紹介します。




あんこうの旬の時期はいつ?

あんこうというと、「あんこう鍋」が有名です。

そして、鍋と言えば冬ですよね。

そのイメージ通り、あんこうの旬は冬で、月で言えば「12月~2月」になります。

 

なぜあんこうの旬が冬なのかは、ちゃんと理由があります。

それはあんこうの産卵時期が春(~夏)だからです。

どの魚もそうですが、産卵は非常に体力を使うので産卵時期に近づくとオスもメスもかなり体に栄養を蓄えます。

つまり産卵前の魚が一番脂が乗っていておいしいという訳です。

 

あんこうの産卵時期は春から始まるので、その前の12月~2月のあんこうが一番おいしく食べる事ができます。

 

また、あんこうといえばあんこうの肝臓である「あん肝」も有名ですが、このあん肝も産卵時期に向けて肥大化するので、おいしいあん肝が食べたいという人も冬に取れたあんこうを狙うのがおすすめです。

 

ただ、最近では冷凍やパウチ技術が発達しているので、冬だけでなく冬にとれたあんこうをしっかり保存して夏に楽しむ、という事も可能です。

あんこうの産地について北海道(石狩市など)

では、そんなあんこうは日本ではどこが産地になっているのでしょうか。

ここからはあんこうの産地について北から紹介していきます。

 

まずは北海道です。

海の幸の宝庫と言われいる北海道ですが、珍味であるあんこうももちろん獲れます。

北海道のあんこうと言えば「石狩市」「後志市」「留萌市」「檜山市」が有名です。

 

ところであんこうの旬は12月~2月ですが、北海道のあんこう漁は11月~1月と少しずれています。

というのも、12月になるとトドがやってきて漁場を荒らすからだそうです。

 

ですから早めに漁を始めて、トドが来る前に漁を終えるのだそうです。

野生王国である北海道らしい理由ですね。


スポンサーリンク


あんこうの産地について青森県(風間浦村など)

次は青森県です。

青森県は東日本であんこう水揚げ量1位を誇ります。

青森県のあんこうと言えば「八戸市」「風間浦村」「むつ市」「深浦市」が有名です。

 

特に風間浦村はあんこうがよくとれ、小さな漁港に関わらず毎年60トンほどのアンコウを水揚げしていて青森で第2位の水揚げ量を誇っています。

 

また風間浦村では特に新鮮なあんこうがとれる為、珍しいあんこうの刺身も食べる事ができ、その技術が認められて地域団体商標にも登録されています。

 

こちらのサイトには風間浦村のあんこうの事が詳しく書かれているので気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク


あんこうの産地について福島県(いわき市など)

次は福島県です。

福島県のあんこうと言えば「いわき市」「相馬市」が有名です。

特に福島県いわき市沖に生息するあんこうは脂ののりが非常によく、最高級の品質だといわれています。

 

また福島では、あんこうを使った鍋料理であるあんこう鍋だけでなく、あん肝をだしに使った鍋料理「ドブ汁」も有名です。

名前で少しギョっとしてしまいますが、水を使わずあんこう鍋を作るという料理であん肝が溶け出しドブのように濁る事から、「ドブ汁」と名付けられたようです。


スポンサーリンク


あんこうの産地について茨城県(大洗市など)

次は茨城県です。

茨城県のあんこうと言えば「北茨城市」「日立市」「ひたちなか市」「水戸市」「大洗町」が有名ですが、最近だと特に大洗という地名を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

大洗と言えば女子高生が部活動で戦車に乗って戦うという戦車アニメ「ガールズアンドパンツァー」で一躍有名になりましたが、あんこうが産地という事でその中にでてくるキャラクターが「あんこう踊り」を踊っています。

大洗では毎年11月に行われる大洗あんこう祭りも有名です。

 

茨城県はあんこうを売り出すのにかなり積極的で、こちらのサイトでは茨城県内で食べられるあんこう鍋のお店を一挙に紹介しています。


スポンサーリンク


あんこうの産地について千葉県(銚子市)

次は千葉県です。

東日本では、福島県から茨城県、千葉県にかけてあんこうがよく獲れます。

そして千葉県のあんこうと言えば「銚子市」「飯岡市」が有名です。

 

飯岡市では2月~3月にかけてあんこう鍋祭りを開催しています。

こちらのサイトに詳しい情報が載っていますので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

わかめダイエットの方法と効果!口コミやレシピもご紹介!わかめを食べてダイエットの 効果が得られるという その名も「わかめダイエット」 「効果があった!」「続けやすい...

あんこうの産地について新潟県(糸魚川市)

次は新潟県です。

新潟県のあんこうと言えば「糸魚川市」が有名です。

特に糸魚川で獲れるあんこうはキアンコウといい、荒波あんこうと呼ばれる10kgを超えるものもいます。

 

あんこうというと「ぜいたく品」や「珍味」というイメージが強いですが、糸魚川市ではあんこうが頻繁に獲れたので、家庭料理として有名なのが特徴です。

 

糸魚川市では、1月~2月にかけて定期的にあんこう祭りを開催しています。

新鮮なあんこうを食べる事ができるので、気になる人はこちらのサイトをぜひチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク


あんこうの産地について山口県(下関市)

次は山口県です。

山口県と言えば「フグ」ですが、実はあんこうの水揚げ量日本一の漁港でもあるんです。

平成28年の山口県下関漁港のあんこうの獲れ高は711トンでしたが第2位の青森県八戸市漁港の獲れ高は127トンだったので山口県がどれだけすごいかが分かると思います。

 

山口県は西のふぐと東のあんこうという2つの横綱が揃うすごい漁港なんです。

市内の小中学校では、あんこう料理に親しんでもらおうと給食であんこうが出るそうです。

 

魚が多く獲れる下関市では例年11月23日に「下関さかな祭り」を開催していてふぐ・くじら・あんこうをメインに毎年盛り上がります。

公式サイトはこちらです。

新鮮な魚が食べられるので、気になる人はぜひ行ってみてくださいね。


スポンサーリンク


あんこうの産地について熊本県天草市

次は熊本県です。

熊本県のあんこうと言えば「天草市」が有名です。

たくさん獲れるという訳ではありませんが、熊本県でもあんこうを獲る事ができます。

あんこうが旬の12月~2月には、様々な場所やホテル・旅館などであんこうフェアを行っています。

煮物の日持ちは冷蔵庫や常温でどれくらい?夏と冬では?冷凍保存もできる?皆さんは、煮物って1日で食べきれますか? 色々な野菜をいれたりしているとついつい量が多くなりがちです。 作るのに時間...

あんこうはどんな味?栄養は?

では、ここでは、あんこうの味や栄養について紹介しましょう。

あんこうはどんな味?

まず「どんな味?」というと魚の「身」の部分のみを想像するかもしれませんが、あんこうにはそれが当てはまりません。

実はあんこうには「骨以外捨てる所がない」と言われるほど食べる所がたくさんあるんです。

 

あんこうには「7つ道具」と呼ばれる7つの食べる部位があります。

だい身(身の部分)、皮、肝(よくあん肝と呼ばれているもの)、水袋(胃)、えら、とも(ひれ)、ぬの(卵巣)です。

これらはすべておいしく食べる事ができます。

 

特にあんこうの肝は、「海のフォアグラ」と呼ばれるくらいに重宝されている珍味で、身よりも値段が高いくらいです。

 

ではそれぞれの味はどうなっているのか見ていきましょう。

まず身の部分についてですが、あんこうは見た目こそややグロテスクですが実は白身魚でしかも味は薄味、かなりあっさりしています。

人をあまり選ばない食べやすい味です。

 

あん肝は寿司屋や居酒屋で食べた事がある人も多いと思いますが、かなりこってりしています。

 

残りの皮・水袋・えら・ぬのですが、実はこれらには特にこれといった味がありません。

これらは主に、コリコリやヌルヌルとした食感を楽しむ部位です。

サラダチキンダイエットで痩せない!失敗しない効果の出るやり方はコレ!すっかりメジャーになった コンビニのサラダチキン。 最近ではコンビニだけでなく スーパーなどでも見かけますよね。 ...

あんこうの栄養は?

では、あんこうにはどんな栄養があるのでしょうか。

見た目がちょっとグロテスクなあんこうですが、実は色んな栄養が含まれているんですよ。

 

コラーゲン

主に皮に多く含まれる栄養素ですが、コラーゲンには皮膚に弾力を与えお肌をプリプリにしてくれる効果があります。

 

ビタミンA

主に肝に多く含まれる栄養素ですが、ビタミンAには粘膜を強化して病気の予防をする効果や肌をツヤツヤにしてくれる作用があります。

 

ビタミンD

主に肝に多く含まれる栄養素ですが、ビタミンDには取り入れたカルシウムを骨に運ぶ作用があるので骨粗しょう症を予防する効果があります。

 

鉄分

主に肝に多く含まれる栄養素ですが、鉄分や鉄と相互作用を起こしヘモグロビンを合成する銅を多く含む為、血を増やして貧血を予防してくれます。

 

DHA/EPA

魚に含まれる優秀な栄養素と言えばDHAとEPAです。

DHA(ドコサヘキサエン酸)脳を活性化させたり悪玉コレステロールを減らしたりしてくれ、EPA(エイコサペンタエン酸)は生活習慣病を予防してくれます。

そしてあんこう肝に含まれるDHA/EPAの量はなんと身近に食べられる魚の中で共にトップです。

 

ローカロリー

栄養素とは少し違いますが、あんこうはビタミンなどの栄養素は豊富ですが水分量が多い為タンパク質や脂肪は極めて少ないです。

その為他の魚と比べるとかなりカロリーが低く、ダイエット向きの魚です。

 

鍋やスープのメインをあんこうにすれば、かなりお手軽にダイエット食を作る事ができますよ。

 

このように、あんこうには色んな栄養素が含まれています。

そして身以外の部分に特定の栄養素が偏っている事も多いので、せっかくあんこうを食べるなら身以外の部分もしっかり食べる事をおすすめします。

※あんこうの肝に含まれるビタミンAは、妊娠中の人がたくさん食べると危険なので、妊娠中の人は控えるようにしましょう。


スポンサーリンク


あんこうの値段は?通販でも買えるの?

あんこうの値段は?

あんこうにはすごい栄養素がたくさん含まれている事が分かりました。

食べてみたくなった人もいると思いますが、気になるのが値段ですよね。

 

いくら健康に良くても、あまりに高ければ買うのは難しいです。

では実際のところ、あんこうの値段はどれくらいなのでしょうか。

 

調べてみた所、1kg3456円くらいで売られているのでグラム300円と言った所でしょうか。

 

普通の魚と比べるとやはり少し高い感じですね。

さらにあんこうの肝は値段が高く、肝入りと肝なしだと価格がかなり変わったりします。

今度スーパーへ行ったら、ぜひあんこうを探してみてください。

 

新鮮なあんこうの選び方は?

ではもしスーパーや鮮魚市場などであんこうを売っていた場合、どんなあんこうを選べばいいのでしょうか。

ここで、新鮮なあんこうの選び方のコツを紹介します。

 

身がピンクで透明感がある

新鮮なあんこうの身は透き通ったピンク色をしています。

鮮度がなくなってくると透明度がなくなり白っぽくなるので、透明感をチェックして選びましょう。

 

皮にツヤがある。

新鮮なあんこうの皮は黒褐色で、色にツヤがあります。

鮮度が落ちてくるとツヤがなくなったり変色したりするので、そこを見極めましょう。

 

夏でも買えるの?

あんこうの旬は12月~2月ですが、現在は冷凍技術が発達しているので買う事はできます。

ただ、鮮魚コーナーでパックに入っているものが出回るのはやはり旬の時期がほとんどです。

通販でも買えるの?

あんこうは通販でも購入する事ができます。

スーパーには旬の時しか売っていませんし中々に高い値段ですが、通販だといつでも購入できる上に冷凍するので相場よりやや安い値段で手に入れる事ができます。

 

また鮮魚店などが通販をしている所だと、とれたてのあんこうをすぐ冷凍するので冬以外でもおいしいままの味を楽しむ事ができますよ。

 

オトクな鍋セット

通販ですと、ただの「身」ではなくこちらのような鍋セットとして販売されている事が多いです。

あんこうは中々触り慣れない魚なので、「切り身だけあっても用途に困る」という人も多いですがこちらだとそのまますぐ鍋として出せるので作るのも食べるのも簡単でおすすめですよ。

 

もちろんあん肝も♪

あんこうといえばあん肝ですが、もちろんあん肝もあります。

特に通販だと、このような形が崩れているだけの「訳あり商品」を安く売りだしている所も多く、おいしいあん肝が安く購入する事ができるので好きな人におすすめです。

あんこうの美味しいレシピをご紹介!

ではここで、あんこうの美味しいレシピを紹介します。

 

あんこう鍋(あん肝その他内臓あり)

まずは基本のあんこう鍋のレシピです。

 

材料

あんこう…1~2パック(切り身だけでなく、軟骨や皮など色々入っているのがおすすめ)

あんこうの肝…お好みの量で

長ネギ…1本

こんにゃく…1/2個

ごぼう…1/4本

そのほかの野菜やきのこ…お好みで

 

だし汁

★水…鍋に7~8分目くらい

★酒…100nlは

★本だし…大さじ1/2

★乾燥昆布…10cm~15cm

★塩…小さじ1/2

★みりん…小さじ1

★醤油…小さじ1

 

つけだれ

醤油…適量

レモン汁…適量

万能ねぎ…適量

 

作り方

1 あん肝をぶつ切りにする。

2 長ネギはぶつ切り、ごぼうは大きめのささがき(あく抜きの為一度酢水にさらす)、こんにゃくは薄切りの一口サイズにし、あくぬきの為沸騰したお湯で1~2分煮る。

3 そのほかの野菜やきのこがあれば一口サイズに切る。

4 ★とごぼう・こんにゃく・椎茸を鍋に入れ、フタをして弱火にかける。

5 沸騰する前に昆布を取り出し、強火にする。

6 沸騰したら長ネギ・あんこう(肝以外)、そのほかの野菜やきのこを入れ、またフタをして煮る。

7 鍋が沸騰してきたらあん肝を入れる(目安は1人1切れ)。

肝は煮過ぎないのがポイント(肝の周りに火が通ったなと思ったらOK)。

8 鍋の味に合わせてつけだれをお好みで作り、完成。

 

詳しいレシピはこちらに載っていますので、

気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

あんこう鍋2人分(あん肝なし)

あんこうの肝や内臓が苦手という人もいるので、内臓なしバージョンも紹介します。

材料

あんこう切り身…300g

白菜…300g(3枚)

ネギ…80g(2本)

人参…10g(2ミリ3枚)

椎茸…40g(3個)

えのき…30g

木綿豆腐…240g

 

だし汁

合わせ味噌…大さじ2

水…800ml

★顆粒ダシの素…大さじ1

★酒…大さじ1.5

★みりん…大さじ1.5

★醤油…大さじ1.5

★すりごま白…大さじ1.5

 

作り方

1 豆腐は一口大、白菜は5センチ大、ネギは斜め切り、えのきはいしづきを取ってほぐし、椎茸と人参は飾り切りにする。

2 鍋の底に味噌を塗り、香りが出るまで中火で乾焼きする。

3 2に水を少しずつ加え、なじませる。

4 ★を入れ、沸騰させる。

5 別の鍋にお湯を沸かし、沸騰したらあんこうの切り身を入れ、周りが白くなるまで1分半ほど加熱し、その後湯切りをする。(あんこうのあく抜き)

6 4の鍋に5のあくぬきしたあんこうの切り身を入れる。

7 1の野菜を入れ、蓋をして煮る。蒸気があがったら3分ほどで火を消し、予熱で温めて完成。

 

詳しいレシピはこちらに載っていますので、

気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

あんこうの唐揚げ

あんこうの唐揚げも人気なので、レシピを紹介します。

ここでは簡単に味付けできるめんつゆを使っています。

 

材料

あんこう…300g

★めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ3

★料理酒…大さじ1

★すりおろし生姜…小さじ1/2

★すりおろしニンニク…小さじ1/2

 

バッター液

溶き卵…1個分

薄力粉…大さじ4

揚げ油…適量

 

レモン(飾り用)…あれば

 

作り方

1 ジップロックなどの丈夫な袋にあんこうと★を入れ、揉みこむ。

2 1を冷蔵庫に入れ20分冷やす。

3 ボウルにバッター液の材料を入れ、混ぜ合わせる。

4 フライパンの底から3cmほどの油を入れ、180℃に予熱する。

5 2を取り出し、3のバッター液につけ、きつね色がつくまで揚げる。

6 器に盛り、飾り用のレモンを添えて完成。

 

詳しいレシピはこちらに載っていますので、

気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

あん肝(つまみ・総菜に♪)

あんこうと言えばあん肝という人も多いですが、少しお高いイメージですよね。

ですが実は生のあん肝さえ手に入れれば、あん肝は家にある調味料で簡単に作る事ができるんですよ。

 

材料

あん肝…200g(新鮮なもの。値引きされているものは臭みが出やすいので非推奨)

★醤油…50ml

★酒…100ml

★生姜…ひとかけら

 

このほか、あん肝の血抜きをする為に別に塩・酒・水が必要。

 

作り方

1 あん肝を爪楊枝で刺し、小さい穴をたくさん開け(血抜きをする為)、塩大さじ1と酒大さじ3~5をかけ30分おく。

2 1のあん肝を水で洗い、3~5%の塩水につけながら血抜きをする。

白っぽい筋を取り、血管内の血をしごき出す。

3 塩水が濁ってきたら水を替え、3回ほど繰り返して最後に水で洗う。

4 どんぶりに★をと3のあん肝を入れ、ラップをかける。

ラップをしっかりかけたら、爪楊枝で小さい穴をいくつか開けておく。

5 鍋にお湯を沸かし、中に4のどんぶりを入れてどんぶりごと中のあん肝を湯煎する。中のどんぶりが沸騰しない程度に火をかけ、30分湯煎し続ける。

6 どんぶりからあん肝を取り出し、ラップに包んで冷ます。

※煮汁の中で冷ますと臭みが出る。

7 あん肝が冷えたら完成。

 

詳しいレシピはこちらに載っていますので、

気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

あんこうの旬の時期は12月~2月です。

 

あんこうは食べる部位が多く色んな食感が楽しめる上に栄養も豊富なので、ぜひ食べてみてくださいね。