野菜

キャベツを食べ過ぎると太る?下痢や腹痛になる?適量やダイエットに効果的な食べ方も!

年中、スーパーで購入することができるキャベツ。

価格が手頃なので、冷蔵庫にストックしているという人は多いのではないでしょうか?

サラダや付け合わせ、煮たり、炒めたりと、色んな料理に活用できる万能な野菜ですよね。

そんなキャベツですが、食べ過ぎると体に悪影響が出るんです!

 

そこで今回は

・キャベツを食べ過ぎると太る

・キャベツを食べ過ぎると下痢や腹痛を起こす?

・キャベツを食べ過ぎるとおならが出る?

・キャベツを食べ過ぎると体臭がきつくなる?

・キャベツを食べ過ぎると吐き気や胃痛がする?

・キャベツを食べ過ぎると甲状腺の病気になる?

・キャベツを食べ過ぎると便秘になる?

・キャベツの適量は?1日どれくらい食べていいの?

・キャベツのダイエットに効果的な食べ方とは?

・キャベツの栄養や効能は?

についてまとめてみました。

一緒に見ていきましょう!




キャベツを食べ過ぎると太る?

キャベツは低カロリーなイメージがありますが、食べ過ぎると太る原因になるのでしょうか?

 

キャベツのカロリーや糖質は?

キャベツ100gのカロリーと糖質は

・カロリー:23キロカロリー

・糖質:3.4g

になります。

 

基本的には、カロリー・糖質ともに低くて、太りにくい食材です。

 

他の野菜100gのカロリーと糖質は

・サニーレタス:カロリー16キロカロリー、糖質1.2g

・ほうれん草:カロリー20キロカロリー、糖質0.3g

・ブロッコリー:カロリー33キロカロリー、糖質0.8g

・人参:カロリー39キロカロリー、糖質6.5g

になります。

 

キャベツは、他の葉野菜と比べるとカロリーと糖質が高く、人参やブロッコリーなどの他の野菜と比べると、カロリーは低く、糖質はやや高めであることが分かりました。

 

そのため、ダイエット中に葉野菜を食べるならキャベツ以外のものの方が太りにくいといえます。

また、糖質制限ダイエットを行っているなら、糖質の高いキャベツは食べ過ぎないほうがよいでしょう。

 

キャベツを食べ過ぎると太る?

キャベツをご飯の代わりに食べてダイエットに励んでいるという人もいると思います。

そこで、キャベツとご飯のカロリーと糖質を比べてみました。

 

ご飯茶碗軽め1杯(100g)は

・カロリー:約170キロカロリー

・糖質:約36g

になります。

 

キャベツでご飯と同等のカロリーを摂取するなら約7倍、糖質を摂取するなら約10倍を食べることになります。

これは、キャベツ1玉分に当たる量になります。

 

ただ、茹でたり炒めたりと熱を通すと、キャベツのカサはぐっと減るので1玉なら食べれてしまうかもしれません。

ダイエットにキャベツを食べるなら、カサのある生食にして食べ過ぎを防ぐとよいでしょう。

 

また、キャベツをそのまま食べるという人は少ないと思います。

様々なドレッシングや調味料をかけた場合、カロリーや糖質が上がってしまいます。

後の項目で、キャベツの太りにくい食べ方についてご紹介させていただきますね。


スポンサーリンク


キャベツを食べ過ぎると下痢や腹痛を起こす?

キャベツを食べ過ぎると、下痢や腹痛を起こすことがあります

 

その原因には

・水分量

・食物繊維

・ビタミンC

が関わっています。

詳しく見てみましょう。

 

キャベツの水分量が、腹痛や下痢を起こす

生のキャベツは、90%以上が水分でできているというのはご存知でしたでしょうか?

確かに、シャキッとしたキャベツには多くの水分が含まれていそうですよね。

そのため、キャベツを食べ過ぎてしまうと水分の摂りすぎになり、体を冷やしてお腹がゆるくなります。

 

トマトを食べ過ぎるとどうなる?危険性や適量について解説!栄養たっぷりで美味しい、トマト。 カットすればすぐに食べれることもあって 人気の食材のひとつですよね。 我が家...

 

キャベツの食物繊維が、腹痛や下痢を起こす

食物繊維が、便秘の解消に役立つということは皆さんご存知だと思います。

 

食物繊維には、

・水溶性食物繊維

・不溶性食物繊維

の2種類があり、キャベツは、不溶性食物繊維を多く含んでいる野菜になります。

 

この不溶性食物繊維は、消化ができないので、摂りすぎてしまうと胃や腸に負担をかけてしまい、腹痛や下痢を起こしてしまいます。

また、日頃からお腹が痛くなりやすい人は、腹痛や下痢の症状が出やすいので、キャベツの食べ過ぎにはより注意が必要になります。

 

キャベツのビタミンCが、腹痛や下痢を起こす

ビタミンCの効能には

・便を柔らかくする

・腸の働きを良くする

などがあります。

そのため、キャベツを食べ過ぎてしまうと上記の効果が強く現れて、下痢や腹痛を起こしやすくなります。


スポンサーリンク


キャベツを食べ過ぎるとおならが出る?

キャベツを食べるとおならが出ると聞いても、ピンと来る人は少ないと思います。

でも、それは事実なんですよ。

おならの原因は、キャベツが持つ「イソチオシアネート」という硫黄化合物です。

卵が腐った臭いや、温泉街に漂うツンと鼻をつく臭いの素になります。

 

このイソチオシアネートが、腸内でおならの素になるアンモニアを発生させることで、おならが良く出るようになります。

しかも、おならの臭いもきつくなるので、キャベツの食べ過ぎには気を付けたほうがよさそうですね。


スポンサーリンク


キャベツを食べ過ぎると体臭がきつくなる?

キャベツが持つイソチオシアネートが、おならの素になると前の項目で述べましたが、イソチオシアネートは体臭の素にもなります。

汗などの分泌物として排出されるので、夏場など汗を掻きやすい時期には特に体臭がきつくなります。

しかも、わきなどで特に臭いを放つので、大事な会議やデートなどの予定がある人はよりキャベツの食べ過ぎには注意が必要です。


スポンサーリンク


キャベツを食べ過ぎると吐き気や胃痛がする?

キャベツを食べる時に、大量のドレッシングやマヨネーズをかけている人はいませんか?

キャベツの食べ過ぎにプラスして、これらの油をかけ過ぎてしまうと、油が消化不良を起こして、吐き気や胃痛を起こす場合があります。


スポンサーリンク


キャベツを食べ過ぎると甲状腺の病気になる?

キャベツは、「ゴイトロゲン」という成分を多く含んでいます。

ゴイトロゲンは、ヨードという甲状腺のホルモンを作る為に必要なミネラルの吸収を阻害します。

キャベツの食べ過ぎで、このゴイトロゲンを多量に摂取してしまうと体内でヨード不足となります。

そうすると、甲状腺ホルモンを無理やり作り出そうとして甲状腺に負担がかかり、甲状腺の病気を引き起こす可能性があります。

 

このように、ゴイトロゲンを摂りすぎると、甲状腺の病気を発症する可能性があります。

持病で甲状腺の病気を持っている人は、薬が効きにくくなったり、病気を悪化させてしまうことになるので、キャベツの食べ過ぎには注意が必要です。

不安な点がある場合は、必ず主治医に確認をしてくださいね。


スポンサーリンク


キャベツを食べ過ぎると便秘になる?

キャベツは、不溶性食物繊維を多く含んでいます。

 

不溶性食物繊維には

便のカサを増やすことで大腸を刺激して腸の働きを良くする

という効果があります

 

適量を摂取すると、上記のような便秘の解消に効果があります。

しかし、便のカサは十分にあるけれど水分量が少ない為に便秘になっている人の場合は、便のカサが増えてさらにお腹が張り、便秘を悪化させてしまうことになります。


スポンサーリンク


キャベツの適量は?1日どれくらい食べていいの?

食事の前にキャベツを食べて満腹感を得たり、毎食キャベツサラダを食べているという人にとっては、食べ過ぎにならない適量はとても気になると思います。

そこで、キャベツの適量についてまとめてみました。

 

1日に食べると良いキャベツの量は、1/4玉ほどと言われています。

グラムにすると、可食部は1玉800gほど(芯などを取り除いた場合)になるので、1日の適量は200gほどになります。

 

野菜の1日の目標量と1食の目安量は

・目標量350g

・目安量120g

と定められていて、この通りに食べるとバランスの良い食事にすることができます。

 

これを、キャベツの1日の適量である200gに当てはめてみると、残りは野菜50gずつ3食の食事にプラスすればクリアすることができます。

かぼちゃの煮つけやほうれん草のお浸しなどの副菜は1つ70gほど、ミニトマト1個20gほどなので、毎食の食事に何か1つ副菜を足したり、ミニトマトを2~3個食べれば、目標量を達成することができます。

 

野菜350gと聞くと食べるのが大変そうに感じますが、キャベツを1日に200g食べるだけで、野菜の1日の目標量である350gを簡単に食べることができるので、この点でもキャベツの適量は1/4玉(200g)であるといえます。

キャベツは茹でるとカサが減って食べやすくなるので、200gなら苦にならずに食べられそうですね。

 

えのきを食べ過ぎると腹痛・下痢や太る?適量はどれくらい?シャキシャキとした食感が美味しいえのきは、鍋や汁物の具にしたりと、食べる機会が多いきのこですよね。 また、白色で料理の色合いを邪魔...

 

キャベツを子供が食べる時の適量は?

子供のキャベツの適量は、大人の量の半分量である、1/8玉(100g)を目安にするとよいでしょう。

 

子供の場合、野菜の1日の目標量は

・1~2歳:210g

・3~5歳:240g

・6~8歳:240g

・9~11歳:290g

です。

 

これをキャベツに当てはめると、大人と同じ量の1/4玉(200g)ほどになります。

しかし、子供はまだ胃が小さいので、カサのあるキャベツを大人と同じ量だけ食べてしまうとお腹が膨れて、他の食事が食べられなくなる可能性があります。

大人の適量の半分量の1/8玉(100g)を目安に食べさせると、バランスよく3食食べることができるでしょう。

 

また、子供は内臓が未発達なので、消化しにくい不溶性食物繊維をたくさん持つキャベツを食べ過ぎると、消化不良を起こしてしまいます。

子供に食べさせる場合は、柔らかく煮てスープにしたり、柔らかくなるように繊維に逆らって切るなどの工夫をするとよいですよ。

キャベツのダイエットに効果的な食べ方とは?

野菜の中では低カロリーなキャベツですが、よりダイエットの効果が得られる食べ方があるので、ご紹介させていただきます。

 

生キャベツを食事の前に食べる

満腹中枢が刺激されるのに、20~30分ほどかかると言われています。

そのため、食事の20~30分前に生キャベツを食べると、食事時には空腹感が抑えられて食事の量を減らすことができます。

 

生キャベツをよく噛んで食べる

食事の前に生キャベツを食べても、早食いをしてしまっては意味がありません。

満腹中枢を刺激する為には、

・10分ほどかけてゆっくりと食べる

・千切りではなく、ざく切りにする

のが効果的です。

 

特に、ざく切りにするのがポイントです。

生キャベツを食べる時に千切りにする人は多いと思いますが、千切りは食べやすいので、ざく切りにして咀嚼回数を増やしましょう。

食べ応えがあるので自然とよく噛んで食べることができますよ。

 

大根がぶよぶよに!食べれる?復活方法やレシピもご紹介!ある日、冷蔵庫の中から 使い忘れのぶよぶよの大根を発見! ・・これ、案外あるあるですよね? そんな時、このぶよ...

 

たんぱく質が多い食品と一緒に食べる

ダイエット中だからといって、キャベツだけを食べていては栄養が不足してしまいます。

特に、たんぱく質を摂ることはダイエットにとても効果的なんです。

 

たんぱく質は、筋肉を作る為に必要な栄養です。

このたんぱく質によって筋肉が作られると、基礎代謝が上がって痩せやすい体を作ることができます。

ダイエット中にたんぱく質を摂るなら、脂質が少なくて、高たんぱくな食品がおすすめです。

 

低脂質、高たんぱくな食品は

・ささ身

・鶏むね肉

・牛もも肉

・豚肩ロース

・ラム肉

・白身魚(鱈、鰆など)

・海老

などです。

 

キャベツと一緒に上記のような食品と一緒に食べると、効果的にダイエットをすることができますよ。

 

ドレッシングの種類を選ぶ

生キャベツをそのまま食べる人は少ないと思います。

生キャベツを美味しく食べるのに必要なのは、ドレッシングですよね。

しかし、ドレッシングを使い過ぎてしまうと、カロリーや糖質の摂りすぎに繋がって、ダイエットの効果が薄れてしまうので注意が必要です。

でも、安心してください!

ダイエット中でもドレッシングの選び方や食べ方に気を付ければ、キャベツにかけて食べることができます。

その方法をご紹介させていただきます。

 

ドレッシングのカロリーと糖質は?

大さじ1杯(15ml)あたりのドレッシングのカロリーは

・ポン酢:約9キロカロリー

・ごまドレッシング:約54キロカロリー

・フレンチドレッシング:約60キロカロリー

・青じそドレッシング:約6キロカロリー

・マヨネーズ(全卵):約105キロカロリー

になります。

 

糖質は

・ポン酢:約1.5g

・ごまドレッシング:約2.0g

・フレンチドレッシング:約0.8g

・青じそドレッシング:約1.4g

・マヨネーズ(全卵):約0.7g

になります。

 

キャベツの適量1/4玉(200g)のカロリーと糖質は

・カロリー:46キロカロリー

・糖質:6.8g

になり、ドレッシングをかけると、上記のカロリーと糖質がプラスされることになります。

 

カロリーを抑えるなら、青じそドレッシングが良いですが、糖質が高めになります。

糖質が低めのものなら、フレンチドレッシングがよいでしょう。

自分が抑えたいのがカロリーなのか、糖質なのかによってドレッシングを選んでみてください。

 

低カロリーなドレッシングでもかけ過ぎには注意

ノンオイルやカロリーハーフタイプなら、カロリーを抑えることができますが、実は糖質が高めであることが多いので、カロリーが低いからといってかけ過ぎてしまうと糖質を多く摂ることになり、ダイエットの効果を薄めてしまいます。

 

どんなドレッシングであってもかけ過ぎは太る原因になります。

少量のドレッシングで満足感を得るなら、かけるよりも、つける!

小皿にドレッシングを用意して、そこにキャベツをつけて食べると、少ないドレッシングの量で満足感を得ることができますよ。

キャベツの栄養や効能は?

キャベツは食べ過ぎると体に悪影響が出ると述べましたが、栄養がとっても豊富なので、適量を食べれば体に良い効果を与えてくれます。

 

キャベツの栄養には

・ビタミンU

・ビタミンC

・ビタミンK

・葉酸

・カリウム

・カルシウム

・食物繊維

などがあります。

1つずつ見ていきましょう。

 

ビタミンU

ビタミンUは、キャベツから発見されたビタミンになります。

別名を「キャベジン」といい、胃腸薬の名前にもなっています。

 

ビタミンUの効能には

・胃粘膜を修復する

・胃酸の分泌を抑制する

・胃潰瘍や胃炎の回復効果

など、胃に良い効能があります。

 

熱に弱いビタミンなので、生で食べると効率よく摂取することができます。

 

ビタミンC

キャベツは酸っぱくないですが、実は、ビタミンCを豊富に含んでいる野菜なんです。

 

ビタミンCの効能には

・しわやたるみの予防(肌の弾力に必要なコラーゲンの材料になる為)

・肌のシミやそばかすを防ぐ

・ストレスに対抗するホルモンを作る

・アンチエイジング

・免疫力UP

・鉄の吸収を促進する

などがあります。

ビタミンCは、体内で作ることができないので、キャベツを食べて積極的に摂りたいですね。

加熱すると無くなってしまうので、生キャベツで食べるとよいですよ。

 

ビタミンK

ビタミンKの効能には

・血液の凝固作用(出血を止める)

・骨や歯を丈夫にする

などがあります。

 

ビタミンKは、油と一緒に食べると吸収が良くなります。

そのため、油が入ったドレッシングをキャベツにかけると、効率の良い食べ方ができます。

熱に強いビタミンなので、生でも加熱調理しても摂取することができますよ。

 

葉酸

葉酸の効能には

・貧血予防(赤血球を作る)

・胎児の正常な発育に関わる

などがあります。

どちらも、女性に嬉しい効能ですね。

 

葉酸は、 胎児の神経細胞が作られる妊娠初期に特に必要になります。

不足すると、「未熟児や奇形児が生まれてくる可能性が高くなる」ため、妊活中や妊娠中の人は欠かしてはならないビタミンになります。

葉酸は、加熱で失われてしまうので、生キャベツで食べるとよいですよ。

 

カリウム

カリウムの効能には

・余分な水分や老廃物を体外に出してくれる(むくみ改善)

・塩分を体外に出してくれる(高血圧予防)

などがあります。

 

カリウムは水に溶けやすいので、蒸し料理やスープにして食べるのがよいです。

生キャベツで食べる場合は、水にさらす時間を少なくすると、カリウムの流出を防ぐことができますよ。

 

カルシウム

カルシウムの効能には

・血液の凝固作用(出血を止める)

・骨や歯を丈夫にする

・イライラを抑える

・免疫力を高める

などがあります。

 

熱に強いので、生でも加熱調理しても摂取することができますよ。

 

食物繊維

キャベツが多く含んでいる不溶性食物繊維は、便秘解消の効果に役立ちます。

不溶性食物繊維が、便のカサを増やして大腸を刺激し、便の排出を促します。

 

栄養豊富なキャベツなので積極的に食べたいですが、キャベツを切ったりするのが手間だったり、もっと手軽に食べられたらと思う人は、こんな商品はいかがでしょうか?

 

「乾燥キャベツ」です。

フリーズドライなので、お湯をかけるだけで食べることができます。

スープや焼きそば、お好み焼きの具にしたり、サラダのカサ増しにしたりと、とても簡単にキャベツを食べることができますよ。

持ち運ぶこともできるので、職場や外出先での食事時に、スープに加えて野菜を食べることができちゃいます!

何より、キャベツを切る手間がないのが嬉しいポイント♪

一人暮らしの人やダイエット中の人への贈り物にも喜ばれると思いますよ。

まとめ

キャベツを食べ過ぎると太るのか、下痢や腹痛を起こすのか、適量やダイエットに効果的な食べ方についてご紹介させていただきました。

 

<キャベツを食べ過ぎると太るのか>

キャベツ100gのカロリーと糖質は

・カロリー:23キロカロリー

・糖質:3.4g

になる。

同量のご飯と比較すると、カロリーは7分の1、糖質は10分の1になりカロリー・糖質ともに低くて、太りにくい食材。

 

<キャベツを食べ過ぎると下痢や腹痛を起こすのか>

キャベツを食べ過ぎると、下痢や腹痛を起こすことがある。

その原因には

・水分量

・食物繊維

・ビタミンC

が関わっている。

 

<キャベツの適量>

一般的な成人の適量

1/4玉(200g)がキャベツの適量になる。

 

子供の適量

大人の量の半分量である、1/8玉(100g)を目安にするとよい。

 

<キャベツのダイエットに効果的な食べ方>

キャベツのダイエットに効果的な食べ方は

・生キャベツを食事の20~30分前に、10分ほどかけてゆっくり食べる

・食べ応えのあるざく切りにして咀嚼回数を増やす

ことで、満腹中枢が刺激されて、食欲を抑えることができる。

 

ドレッシングをかける場合は

・カロリーを抑えるなら、青じそドレッシング

・糖質を抑えるなら、フレンチドレッシング

にするとよい。

 

栄養満点なキャベツですが、食べ過ぎは体に悪影響が出てしまいます。

適量を守って、美味しく安全にキャベツを食べてくださいね。