お菓子・スイーツ

メレンゲクッキーの保存方法は冷蔵庫?日持ちや冷凍保存についても詳しく解説!


「サクッ&シュワッ」な食感にハマってしまって、最近私、よくメレンゲクッキーを作るんです。

メレンゲクッキーは少ない材料で作れるので、思いついた時にすぐに作れるところが嬉しいんですが、いつも悩むのがメレンゲクッキーの保存方法!

家族不在で1人じゃ食べきれない時、あと、プレゼントしたい時など、どう保存するのがいいのか、悩んでしまうんです(((;´•ω•`;)))

メレンゲクッキーって、冷蔵庫で保存するべき?

 

そこで今回は、メレンゲクッキーの保存方法を詳しく調査!

メレンゲクッキーの保存方法は冷蔵庫なのかや、日持ち、冷凍保存などを徹底調査しました。

メレンゲクッキーの保存方法でお悩みの皆様~、要チェックですよ♪

 

この記事でわかること

・メレンゲクッキーの保存方法は冷蔵庫なのか

・メレンゲクッキーの日持ち

・メレンゲクッキーの冷凍保存について

・メレンゲクッキーの作り方

 


メレンゲクッキーの保存方法は冷蔵庫?

「メレンゲックキーの保存方法は、冷蔵庫が◎」になります。

メレンゲクッキーはとても湿気に弱くて、常温で保存してしまうと、湿気を吸ってベタベタになってしまう為、保存方法は冷蔵庫が◎になるんです。

 

メレンゲクッキーは、密閉容器、ジップ付きの密閉できる保存袋に入れて、食品乾燥材のシリカゲルを入れ、冷蔵庫に入れて保存するのが◎ですが

・翌日には食べ切れる:密閉容器

・翌日には食べ切れない:ジップ付きの保存袋

にするのがおすすめで、具体的な保存方法は

密閉容器

1、容器の下に乾燥材を置く

2、メレンゲクッキーを並べる

3、メレンゲクッキーの上に乾燥材を置く

4、冷蔵庫に入れる

 

ジップ付きの保存袋

基本は、保存袋にメレンゲクッキーを入れて、乾燥材を入れればOK!

ですが、より密閉状態にするには

1、保存袋にメレンゲクッキーと乾燥材を入れる

2、保存袋の端にストローを刺し、ストロー以外の部分をジップで閉めておく

3、刺したストローから息を吸って、保存袋内の空気を抜く

4、ストローを抜いて密閉する

5、冷蔵庫に入れる

と◎

メレンゲクッキーは空気に触れることで、湿気てしまうので、しっかり空気を抜くことが大切!

且つ、湿気の少ない冷蔵庫に保存するのが◎で、たとえ乾燥材を入れても、常温で保存してしまうと、季節によっては湿気てしまうので、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

でね、メレンゲクッキーの保存方法として、外せないのが「乾燥材」

食品用の乾燥材でシリカゲルとも呼ばれていますが、この乾燥材が絶対にマストなんです。

乾燥材は、100均などでも売っていますが(キッチン用の脱臭剤とか、キッチン用のゴミ袋などの売り場を見てみてー!)、通販でも売っていますので、こちらをご紹介しておきますね

 

 

国産の食品用乾燥材 シリカゲル 1g×100個入りになります。

 

こちらの乾燥材は、大手食品会社さんや製薬会社さんでも使われている安心なもの。

大量に入っているので、メレンゲクッキー以外のお菓子の湿気対策にも使えます◎

安心な乾燥材で、メレンゲクッキーの湿気をカット!

メレンゲクッキーの美味しさを、キープさせちゃいましょう。

 

でで、メレンゲクッキーを作って保存する場合、保存する前の段階=メレンゲクッキーを焼いている段階や、焼き終えた段階で、ぜひとも注意して頂きたい点が2つあるんです。

どういうことかといいますと・・

 


スポンサーリンク




メレンゲクッキーは乾燥するまで焼こう!

メレンゲクッキーを美味しく保存する為には、上記のような保存方法はもちろん大切なことですが、まずは、メレンゲクッキーを「焼く工程」で、しっかり乾燥するまで焼き上げることが大切なんです。

 

恐らく皆さん、レシピに沿った焼き時間で(メレンゲクッキーは低温でじっくり焼くのがポイントだよね♪)、焼き上げると思うのですが、焼き上がったら、メレンゲクッキーの焼き具合を次の方法でチェックしてみましょう。

・手で触ってみて、手に何も付着しなければ大丈夫(ヤケドに注意してくださいね)

・メレンゲクッキーをひとつ取りだして、ナイフなどでカットしてみて、水分を含んでいなければ大丈夫

になり、もし、焼き具合が甘かったら「100℃のオーブンで20分程」追加で焼いてみるのが◎

 

でね、ここもポイントなんだけど、メレンゲクッキーがしっかり焼き上がっていたら、そのまましばらくオーブンの中で放置するのが◎!

目安としては1時間程、もしくはオーブン自体がさめるまででで、そうすることで、しっかり乾燥されたメレンゲクッキーになるはずですよ(。•ω- 。) ⌒♡

 

メレンゲクッキーの粗熱をチェクしてから保存しよう!

しっかり乾燥させたメレンゲクッキーを、いよいよ保存していくわけですが、保存の前に粗熱が取れているか、念の為、チェックすることも大切!

 

粗熱が取れていないと、保存容器や保存袋の中でメレンゲクッキーから蒸気が出て、湿気がこもってしまうんです。

 

チェック方法は、メレンゲクッキーの上にラップをふわっと乗せてみて、ラップが水気を帯びたり、汗をかかなければ大丈夫◎

その後、先程の保存方法で保存してくださいね☆

 


スポンサーリンク




メレンゲクッキーの日持ちは?

メレンゲクッキーは、先程ご紹介した保存方法で保存すれば、冷蔵庫で1週間程日持ちします。

きちんと乾燥させて焼き上げ、粗熱を取り、湿気を防いで冷蔵庫で保存することで、1週間程はサクッ&シュワッ食感のメレンゲクッキーを楽しむことができるんです。

 

1週間も美味しい味を楽しめるのは、嬉しいですよね!?

なぜ、メレンゲクッキーの美味しさが、1週間もキープできるのかといますと、

・材料に油脂が使われていない

・しっかり乾燥させているので、水分を含まない

ので、劣化しにくいんです。

 

確かに、メレンゲクッキーの基本材料は、卵白と砂糖だけで、普通のクッキーやケーキなどのようにバターや生クリームなどが使われていないですよね。

その為、ご紹介した保存方法で保存すれば、1週間はゆっくり楽しめるんですよ♪

 

あ、とはいえ、使用した卵白の鮮度や、ちょっとした温度の差などで、日持ちは変わってきますので、注意も必要ですよ( •⌄• )◞

 


スポンサーリンク




メレンゲクッキーの冷凍保存できる?

メレンゲクッキーは冷凍保存することも可能です!

なので「冷蔵庫がギュウギュウで、メレンゲクッキーが入らない!」という場合は、冷凍保存でOK!

保存方法は、冷蔵庫での保存方法と同様で、ジップ付きの保存袋に乾燥材と一緒にメレンゲクッキーを入れて、空気を抜いて冷凍庫に入れれば◎

 

冷蔵庫でも、冷凍保存でも、美味しくメレンゲクッキーは保存でき、冷凍保存した方が「ヒンヤリ冷たくて美味しい~♪」という声もあります。

日持ちについては、冷蔵庫よりも、少し長く日持ちはしますが、早めに食べが方が◎

冷蔵庫より冷凍保存の方が「ニオイ移り」が強くなるので、ジップ付きの保存袋は2枚使って、厳重に保存するのがおすすめですよヾ(´︶`*)ノ♬

 


スポンサーリンク



メレンゲクッキーの作り方!美味しい作り方はコレ!

基本のメレンゲクッキーの材料は、卵白と砂糖の2つですが、あるものをプラスすることで、よりサクサク感がある美味しいメレンゲクッキーを作れるんです。

あるものとは「コーンスターチ」で、トウモロコシから作られた澱粉になります。

例えば、こちら

 

 

火乃国 粉の郷 コーンスターチ 1キロです。

 

遺伝子組み換えではない安心なトウモロコシから作られた、こちらのコーンスターチは、チャック付きの袋に入っている嬉しい商品◎

このコーンスターチを加えることで、メレンゲクッキーがよりサクサクとした食感に仕上がるんですよ。

 

コーンスターチを使った美味しいメレンゲクッキーの作り方を、こちらの動画を参考に見ていきましょう!

 

 

材料

・卵白 40g

・グラニュー糖 50g

・コーンスターチ 10g

 

作り方

1、卵白を泡立てふわふわにする

2、グラニュー糖を4回に分けて加えながら泡立てる

3、仕上がりの目安は全体にツヤが出て、ツノが立つくらいまでが仕上がりの合図

4、コーンスターチを加えボウルの底から優しく合わせる

5、絞り袋に入れお好みで絞る

6、100℃に余熱したオーブンで、60~90分焼き上げる

 

可愛いメレンゲクッキー~、ハートとローズですって♡

仕上げにオシャレなパウダーもされていて、可愛すぎる~。

これは、プレゼントに最適かも。

動画でもおしゃっていますが、メレンゲクッキーは湿気に弱いので、乾燥材と一緒に美味しく&可愛く保存してくださいね(*´▽`*)❀

メレンゲクッキーがベタベタする原因はコレ!復活させてサクサクにする方法についても!サクサク感とシュワシュワ感を味わえるメレンゲクッキー、美味しいですよね~。 私、メレンゲクッキーが大好きで、しょっちゅう作っては、...
リベラチョコは太る?太らない?ダイエットに効果的な食べ方を解説!グリコさんから発売されている、リベラチョコ。 チョコレートなのに機能性表示食品で「脂肪と糖の吸収を抑える」とか「スタイルフリー」と...
フリスクの食べ過ぎの副作用!太る・口臭や下痢になる?一日何粒まで?爽快感のある刺激がクセになる、フリスク。 眠気を覚ましたい時や、気分転換をしたい時に食べるという人は多いのではないでしょうか? ...


スポンサーリンク



まとめ

メレンゲクッキーの保存方法は冷蔵庫なのか、メレンゲクッキーの日持ちや冷凍保存について見てきました。

 

<メレンゲクッキーの保存方法は冷蔵庫?>

メレンゲクッキーは湿気に弱く、常温で保存してしまうと、湿気を吸ってベタベタになってしまうので、保存方法は冷蔵庫が◎

密閉容器、ジップ付きの密閉できる保存袋に入れて、食品乾燥材のシリカゲルを入れ、冷蔵庫に入れて保存する

 

<メレンゲクッキーの日持ちは?>

メレンゲクッキーの日持ちは、冷蔵庫で1週間程

 

<メレンゲクッキーは冷凍保存できる?>

メレンゲクッキーは冷凍庫での保存も可能

冷蔵庫で保存する際と同様にして、密閉容器、ジップ付きの密閉できる保存袋に入れて、食品乾燥材のシリカゲルを入れ、冷凍庫に入れればOK

 

メレンゲクッキーは、湿気にとにかく弱いということがわかりましたよね。

その為、保存方法は冷蔵庫が◎で、常温はNG!

冷凍保存も可能だけど、いずれも密閉&乾燥材は必要とのこと。

「サクッ&シュワッ」のメレンゲクッキーを上手に保存して、最後まで美味しく楽しみましょう╰(*´︶`*)╯♡

 





スポンサーリンク


error: Content is protected !!