お菓子・スイーツ

フリスクの食べ過ぎの副作用!太る・口臭や下痢になる?一日何粒まで?

爽快感のある刺激がクセになる、フリスク。

眠気を覚ましたい時や、気分転換をしたい時に食べるという人は多いのではないでしょうか?

私も、職場のデスクに常備して、ぱくぱくと食べています。

そんなフリスクですが、食べ過ぎると体に副作用が出るんです!

 

そこで今回は

・フリスクの食べ過ぎの副作用

・フリスクは一日に何粒まで食べて良い?

・フリスクには中毒性がある?

・フリスクの成分は?

・フリスクの食べ方は?

・フリスクとミンティアの違いは?

・フリスクの効果は?

・フリスクの種類は?

フリスクケースが人気!

についてまとめてみました。

一緒に見ていきましょう!




Contents

フリスクの食べ過ぎの副作用

 

この投稿をInstagramで見る

 

deonyさん(@deony_f)がシェアした投稿


フリスクの食べ過ぎによる副作用には

・太る

・口臭がきつくなる

・腹痛や下痢を起こす

・舌や喉が痛くなる

・おならが出る

・吐き気がする

・味覚障害を起こす

・胃痛を起こす

などがあります。

詳しく見ていきましょう。

 

フリスクの食べ過ぎで太る?

フリスクを食べるのが習慣になると、1日に何粒も食べてしまう場合があります。

フリスクはあまりカロリーが高い印象はないですが、食べ過ぎると太る原因になるのかどうか検証をしてみました。

 

フリスクのカロリーと糖質は?食べ過ぎで太る?

フリスクには、通常サイズのフリスクから、サイズが大きいフリスクネオやフリスククリーンブレスという商品があります。

それについては後ほどご紹介させていただきますが、それぞれのカロリーと糖質についてまとめてみました。

 

フリスクのカロリーと糖質は(1箱50粒)

・通常のフリスク:約25キロカロリー、糖質0g

・フリスクネオ:約108~110キロカロリー、糖質0g

・フリスククリーンブレス:約108~110キロカロリー、糖質0g

になります。

 

一粒当たりのカロリーと糖質は

・通常のフリスク:約2キロカロリー、糖質0g

・フリスクネオ:約0.5キロカロリー、糖質0g

・フリスククリーンブレス:約0.5キロカロリー、糖質0g

になります。

 

他のお菓子1粒と比べてみると

・砂糖を使用した飴:約15~20キロカロリー、糖質約3~5g

・アルファベットチョコ:約28キロカロリー、糖質約2.7g

になります。

 

1粒当たりだと、フリスクは他のお菓子よりもカロリーも糖質も低いことが分かりました。

そのため、ダイエット中に気分転換などで食べるのであれば、フリスクを少量食べるほうが太りにくいといえます。

 

カロリーも糖質も低いフリスクですが、1日に何箱も食べれば当然太る原因になります。

フリスクネオとフリスククリーンブレスは2箱食べれば200キロカロリーを越してしまいます。

これは、ご飯茶碗軽め1杯(100g)の170キロカロリーよりも高いカロリーになるので、3食食事を食べたうえにフリスクを何箱も食べてしまうと、カロリーオーバーになり、太る原因になります。

 

フリスクの人工甘味料で太る?

フリスクには、様々な種類の人工甘味料が使われています。

フリスクに使われている人工甘味料は

・ソルビトール

・アスパルテーム

・スクラロース

・アセスルファムカリウム

です。

 

人工甘味料は、カロリーゼロ、糖質ゼロなのでダイエット中でも甘いものを食べることができます。

しかし、人工甘味料は、摂りすぎてしまうと肥満の原因になる可能性があります。

 

人工甘味料の摂りすぎが肥満に繋がるメカニズムには

1.腸内細菌のバランスが崩れる→糖質を処理する能力が落ちる→糖質が脂肪として蓄えられる

2.糖質をエネルギーとして体中に運ぶ「インスリン」の働きが鈍る→糖質がエネルギーとして使用されずに、脂肪として蓄えられる

3.人工甘味料の強い甘さに体が慣れる→糖質を摂取していないのに血糖値が上がる→糖質をエネルギーにしようとインスリンが過剰に出る→過剰な糖質が脂肪として蓄えられる

4.脳の満腹中枢を麻痺させる→たくさん食べてもお腹が空いていると錯覚する→食べ過ぎる

などが言われています。

 

フリスクに使用されている人工甘味料の摂りすぎにより、太りやすくなる可能性があることが分かりました。

しかも、人工甘味料の摂りすぎは、太りやすくなるだけでなく、糖尿病などの生活習慣病にも繋がる可能性があります。

1日に何箱も食べないようにするには、フリスクを効果的に食べる必要があります。

効果的な食べ方については、後ほどご紹介させていただきますね。

シゲキックスが売ってない理由は?コンビニやダイソーで買える?売ってる場所を詳しく解説!シゲキックスというグミは昔はけっこうテレビのCMで見ましたけど、 最近は全然見かけませんよね。 もしかしてもう販売終了してし...

 

フリスクの食べ過ぎで口臭がきつくなる?

フリスクを食べると爽やかな息になるので、食事後や人と会う時に食べて口臭対策をしているという人は多いと思います。

なので、フリスクが口臭をきつくするなんて想像ができないですよね。

でも、フリスクの「ソルビトール」という成分が、口臭をきつくすることがあるんです。

 

ソルビトールとは、人工甘味料のことです。

適量を摂れば、虫歯予防に効果があるのですが、食べ過ぎてしまうと副作用を起こします。

 

ソルビトールの過剰摂取による副作用には

・唾液の分泌量が減少して、口腔内の細菌が増える

・消化不良の為に胃の内容物が発酵し、悪臭を出す

などがあり、口臭をきつくすることに繋がります。

 

また、フリスクの口臭ケアは一時的なもの。

口臭をどうにかしようとしても、フリスクの効果がなくなればまた口臭は出てくるのでずっと食べ続けることになり、食べ過ぎに繋がります。

口臭の原因になる生活習慣の見直しや、口腔内を清潔に保つ方法をとってフリスクの食べ過ぎを防ぎましょう。

 

フリスクの食べ過ぎで腹痛や下痢を起こす?

フリスクの人工甘味料や食品添加物が、腹痛や下痢を引き起こす原因になります。

 

人工甘味料の過剰摂取

フリスクの食べ過ぎで腹痛や下痢が起こる要因には、人工甘味料であるソルビトールとアスパルテームが関わっています。

 

ソルビトールとアスパルテームは消化が悪いので、食べ過ぎてしまうと、胃や腸に負担がかかって消化不良を起こし、腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

また、日頃からお腹が痛くなりやすい人は、腹痛や下痢の症状が出やすいので、より注意が必要になります。

 

乳化剤の過剰摂取

フリスクには、乳化剤であるショ糖エステルという食品添加物が含まれています。

その名の通り、油と水を混ざりやすくする役割があるのですが、この乳化剤を摂りすぎてしまうと大腸がダメージを受けて、腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

 

フリスクの食べ過ぎで舌や喉が痛くなる?

フリスクには、刺激の弱いものから強いものまで色んな種類があります。

刺激の強いものを連続して何粒も食べたり、体質に合っていないと、舌や喉がピリピリと痛くなる場合があります。

マックシェイクは太る?糖質やカロリーが低い味はコレ!アイスクリームとジュースの ちょうど中間くらい、あの絶妙な飲み心地が 大人気のマックシェイク。 ツーっと喉を通る感じが...

 

フリスクの食べ過ぎでおならが出る?

フリスクの成分であるソルビトールとアスパルテームいう人工甘味料は、消化が悪いです。

そのため、フリスクを食べ過ぎてしまうと消化不良を起こし、腸内でガスを発生させます

このガスがおならとして出るので、フリスクを食べ過ぎるとおならがよく出るという副作用が出る人がいます。

 

フリスクの食べ過ぎで吐き気がする?

フリスクには、「アスパルテーム」という人工甘味料も使われています。

このアスパルテームを摂りすぎると、吐き気の症状が出ることがあります

 

フリスクの食べ過ぎで味覚障害を起こす?

味覚障害を起こす原因は様々ですが、原因の1つに、「人工甘味料」の摂りすぎがあります。

 

例えば、フリスクに使用されている人工甘味料のアスパルテームは、砂糖の約100~200倍の甘さです。

濃い味に慣れると、薄味では物足りなくて調味料を追加したりして味を濃くしますよね。

それと一緒で、人工甘味料の強い甘さに舌が慣れてしまうと、味覚障害が起こり、果物や上白糖などの自然の甘さでは満足ができなくなってしまいます。

パチパチキャンディーの仕組みや作り方は?売ってる場所はどこ?子どもの頃に、口に入れるとパチパチと音がして 弾けるような触感の飴を食べたことはありませんか? 口の中でパチパチと弾...

 

フリスクの食べ過ぎで胃痛を起こす?

フリスクの人工甘味料であるソルビトールは、消化が悪いです。

そのため、摂りすぎてしまうと消化不良を起こし、胃痛を引き起こします


スポンサーリンク


フリスクは一日に何粒まで食べて良い?

気が付いたらフリスクを1箱食べていた!という経験がある人は多いのではないでしょうか?

日常的にフリスクを食べている人にとって、フリスクの適量はとても気になるところです。

 

フリスクの適量について科学的な根拠は見つけられなかったのですが、

100粒ほど(2ケース)を1日に食べるのであれば問題はない

と言われています。

 

ただし、体調や体質によっては100粒ほどであっても、副作用が出ること場合があります。

食べ過ぎにならないような食べ方について、後でご紹介させていただきますね。


スポンサーリンク


フリスクには中毒性がある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takase Sachikoさん(@t_sachiko)がシェアした投稿


フリスクを1日に何箱も食べたり、常備していないと気分が落ち着かないという人は、中毒を起こしている可能性があります。

 

人工甘味料による中毒

人工甘味料のような甘いものの摂りすぎで中毒を起こすことを、「甘味中毒」といいます。

甘いものを食べると脳の快楽中枢が刺激を受けます。

脳は快楽を得る為に、甘いものを食べるように指令を出すので、甘いものを食べずにはいられなくなってしまうのです。

 

フリスクには、砂糖の何百倍もの甘味を持つ人工甘味料が使われています。

そのため、フリスクを食べ過ぎてしまうと、人工甘味料の摂りすぎに繋がって甘味中毒を起こしてしまいます。

 

しかも、甘味中毒の恐ろしいところは、脳が快楽を得るためにどんどん甘いものの摂取量が増えていくことです。

麻薬やアルコール依存症と同じで、刺激を増やしていかないと脳が満足を得られなくなるので、気が付くといつの間にか大量のフリスクを食べていたということになります。

 

氷食症による中毒

氷食症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

大量の氷を食べる異食症の1つで、原因は定かではないのですが、ストレスや鉄欠乏性貧血になると発症するといわれています。

 

氷を噛み砕くと刺激が得られ、さらには口腔内が冷たくなって、スーッとしますよね。

フリスクを噛んで食べると同じような効果が得られるので、氷を食べる代わりにフリスクを大量に食べるという中毒を起こす人がいます。

 

ストレスの解消や、鉄欠乏性貧血の治療を行うと、氷食症の症状が治まることがあるので、フリスクの食べ過ぎに悩んでいる人は、病院を受診してみると原因が分かるかもしれません。


スポンサーリンク


フリスクの成分は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

EE男山口たかしさん(@eeotokoyamaguchitakashi)がシェアした投稿


フリスク(ペパーミント)の成分は(1箱8.4g/50粒)

・熱量(カロリー):25キロカロリー

・たんぱく質:0g

・脂質:0g

・炭水化物:8.4g

・糖類:0g

・食塩相当量:0g

・香料(食品に香りをつける成分)

・ショ糖エステル(砂糖と脂肪酸の化合物で、乳化剤の役割を果たす。)

・微粒物ケイ素(微粒二酸化ケイ素ともいう。シリカゲルの一種で、錠剤が湿気を吸って質が変わるのを防ぐ)

です。

 

フリスク(ペパーミント)に使用されている甘味料は

・ソルビトール(甘さは砂糖の60%。リンゴ等の果物が持つ糖アルコールで清涼感がある。)

・アスパルテーム(アミノ酸由来の人工甘味料。甘さは砂糖の200倍ほど。)

・スクラロース(甘さは砂糖の600倍ほど。砂糖に近い自然な甘さを出せる。)

・アセスルファムカリウム(酢酸が原料の人工甘味料。他の人工甘味料と一緒に使用されることが多い。)

です。

 

上記のことから、フリスクは炭水化物でできていることが分かります。

注目していただきたいのは、甘味を出すために人工甘味料を数種類使用しているところです。

糖類0gながら、人工甘味料を組み合わせることで複雑な甘さを実現しているんですね。

つまりフリスクは、人工甘味料で出来ているお菓子ということになります。


スポンサーリンク


フリスクの食べ方は?


フリスクを食べる時に、舐めて溶かす派と噛み砕く派に分かれると思います。

個人の好みに合わせてお好きなように食べるのがよいですが、食べ方によってフリスクの効果をより高めることができるんです。

 

フリスクの食べ方には

・食べ過ぎを防ぐ食べ方

・口臭ケアに良い食べ方

・眠気を覚ます食べ方

などがあります。

1つずつ見てみましょう。

 

食べ過ぎを防ぐフリスクの食べ方

フリスクを噛んでしまっては、すぐになくなってしまうので次々に口に運びたくなってしまいます。

食べ過ぎを防ぐためには、舐めて食べてることで消費スピードを抑えるのがよいです。

 

口臭ケアに良いフリスクの食べ方

フリスクを、口臭ケアの為に食べているという人は多いと思いますが、より高い口臭ケアの効果を得るなら、舐めて食べるのが正解です。

その理由は、唾液が分泌されると、細菌や虫歯菌による臭いを防ぐことができるから。

そのため、より長く唾液を分泌させることができるように、舐めて食べるのがよいです。

 

眠気を覚ますフリスクの食べ方

眠気を覚ます為には、噛んで食べるのが効果的です。

フリスクの爽快感のある刺激が眠気覚ましになりますが、噛んで顎を動かすことが刺激になるのでより眠気を覚ますことができます。


スポンサーリンク


フリスクとミンティアの違いは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miyuki Yamamoto さん(@abc_stuv_wm)がシェアした投稿


フリスクと似た商品に、ミンティアがありますよね。

両者にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

フリスクとミンティアの違いを

・原産国

・値段と粒の数

・ターゲット層

・味

に分けてまとめてみました。

 

原産国

フリスクとミンティアの原産国は

フリスク:オランダ(ペルフェティ・ファン・メレ社)

ミンティア:日本(アサヒフードアンドヘルスケア社)

です。

 

値段と粒の数

フリスクもミンティアも、通常の場合は1箱に入っている量は50粒と同じです。

しかし、フリスクの方がミンティアの倍ほど高い価格設定になっています

そのため、味や刺激にこだわりがないなら、ミンティアを選んだほうがお得に食べることができますよ。

 

ターゲット層

フリスクとミンティアのターゲット層は

・フリスク:30~40代のビジネスマン

・ミンティア:20代ほどの若年層

です。

 

確かに、フリスクのCMにはオフィスやビジネスマンが登場しますよね。

価格がミンティアよりも高いのは、ターゲット層の年齢が高い為かもしれません。

 

フリスクとミンティアの味は

フリスク:ミント系が多く、爽快感や刺激を売り出している。

ミンティア:ミント系からフルーツ系まで様々なフレーバーがあり、美味しさを売りに出している。

となっています。

 

そのため、フリスクは1粒で十分な刺激が得られるのに対して、ミンティアは数粒食べて丁度良い刺激の強さになっています。


スポンサーリンク


フリスクの効果は?


爽やかな刺激が心地よいフリスク。

この刺激が色んな効果をもたらしてくれます。

 

フリスクの効果には

・気分転換

・眠気覚まし&集中力UP

・リラックス効果

・口臭ケア

などがあります。

 

気分転換になる

仕事や勉強中に頭をすっきりさせたい時や、イライラした時にフリスクを食べてみてください。

爽やかな刺激が気分をすっきりとさせてくれるので、場所を選ばずに気持ちを切り替えることができます。

 

眠気覚まし&集中力UP

爽やかな刺激が頭をすっきりとさせてくれるので、眠気覚ましや集中したい時に食べると効果的です。

刺激が強い商品を選べば、1粒でシャキッと頭が冴えますよ。

 

リラックス効果

気分転換や眠気覚ましになるフリスクですが、リラックス効果も得ることができます。

好きな香りを嗅ぐと、神経の興奮を抑える副交感神経が優位に働くことでリラックスすることができるからです。

フリスクには色んな香り付きの商品がありますから、お気に入りの香りを楽しむことで心を落ち着けることができますよ。

 

口臭ケア

フリスクが口臭ケアに有効な理由には

・唾液の分泌によって、口腔内の細菌や虫歯菌の繁殖を抑えて口臭を防ぐ

・爽やかな香りが口臭に気付きにくくする

などがあります。

フリスクの種類は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひとみさん(@hitomiii530)がシェアした投稿


フリスクには、通常のフリスク以外にも種類があるんです。

通常のフリスクとは特徴が異なるので、シーンに合わせて使い分けるとよいですよ。

 

通常のフリスク以外には、

・フリスクネオ

・フリスククリーンブレス

があります。

50粒入りの箱に入ったタイプに加えて、150粒入りのボトルタイプもあるので、日常的に食べる人に嬉しいサイズ展開となっています。

 

フリスクネオ

フリスクネオは、通常のフリスクよりも粒の大きさが5倍というビッグサイズ!

噛めば食べ応えがありますし、舐めれば効果が長続きするので、1粒で満足感や長い効果を得たい人はこのフリスクネオが合っています。

 

フレーバーには

・ペパーミント

・レモンミント

・グレープ

・オレンジ

・チェリー

があります。

 

通常のフリスクよりも、フルーティーなフレーバーの展開になっていますし、ミントが入っていないものもあるので、フルーティーさを楽しみたい人や刺激が得意ではない人にぴったりです。

 

フリスククリーンブレス

フリスククリーンブレスのキャッチコピーは、「30分息キレイ」です。

そこから分かるように、口臭ケアに力を入れている商品になっていて、他の商品と比べてミント感が強くなっています

とにかく口臭ケアにフリスクを食べるという人は、フリスククリーンブレスを選ぶのがよいでしょう。

フリスクケースが人気!

もっとオシャレにフリスクを持ち歩いてみたいと思ったことはありませんか?

フリスクにケースを付ければ、フリスクを食べるのがもっと楽しくなりますよ。

ここでは、フリスクケースの一例をご紹介させていただきます。

 

本革のフリスクケース

ビジネスシーンでフリスクを食べる場合は、シックにかっこよく決めたいですよね。

本革のケースであれば、ビジネスシーンでも浮くことなくスマートにフリスクを取り出して食べることができます。

 

名前入りのフリスクケース

名前を入れることができるケースもあります。

オーダーメイドの上に、自分の名前が入っているので特別感が出ますよ。

フリスクを食べている人への贈り物にも喜ばれますし、お揃いのケースを持って仲良しをアピールしちゃいましょう。

 

デザイン性が高いフリスクケース

年配の方や古風な方には、和柄のケースもあります。

和装になる機会が多い人にもぴったりですね。

着物の色や柄に合わせたケースにすれば、スタイルに統一感を出すことができますよ。

まとめ

ここまで、フリスクの食べ過ぎによる副作用、太るのか、口臭や下痢の原因になるのか、一日に何粒まで食べても良いのかについてご紹介させていただきました。

 

<フリスクの食べ過ぎによる副作用>

太るのか

フリスクは他のお菓子よりもカロリーも糖質も低いので、何箱も食べなければダイエット中に食べても太りにくいお菓子である。

 

ただ、フリスクの人工甘味料は太る原因になる

人工甘味料の過剰摂取により、

・腸内細菌のバランスを崩す

・インスリンの働きを鈍らせる

・強い甘さに慣れることでインスリンを過剰に分泌させる

・満腹中枢を麻痺させる

などの症状が起き、結果として肥満を引き起こしてしまう。

 

口臭がきつくなるのか

人工甘味料のソルビトールの摂りすぎが口臭の原因になる。

 

ソルビトールの過剰摂取による副作用には

・唾液の分泌量が減少して、口腔内の細菌が増える

・消化不良の為に胃の内容物が発酵し、悪臭を出す

などがあり、口臭をきつくすることに繋がる。

 

下痢を起こすのか

人工甘味料のソルビトールとアスパルテームは消化が悪い。

人工甘味料の摂りすぎは消化不良を起こし、下痢を引き起こす。

乳化剤のショ糖エステルの摂りすぎは、大腸にダメージを与える為、腹痛や下痢を引き起こす。

 

<一日に何粒まで食べても良いのか>

100粒ほど(2ケース)を1日に食べるのであれば問題はないと言われている。

 

食品は何でも食べすぎることは体に良くありません。

フリスクも適量を守って、美味しく安全に食べてくださいね!