食べ物

マック食べた次の日は体重が増える?ニキビ・だるい・むくみなどの悪影響についても解説!






スポンサーリンク







マックが大好きで、家族でよく食べるんですけどね、私、マック食べた次の日って、どうも体重が増える気がするんです。

でね、夫は、マック食べた次の日はニキビができるって・・。

マック食べた次の日に、体重が増えるとかニキビができるとか、これって「マックあるある」なの?(@´・ω・)?

とーっても気になるので、調べてみることにしました。

 

・・ってことで今回は、マック食べた次の日は体重が増えるのか、ニキビができるのか、また、だるいとか、むくみなどについても調べたので、解説させて頂きます☆

 

この記事でわかること

  • マック食べた次の日は体重が増えるのか
  • マック食べた次の日はニキビができるのか
  • マック食べた次の日はだるいのか
  • マック食べた次の日はむくむのか
  • マック食べた次の日のリセット方法





スポンサーリンク












マック食べた次の日は体重が増える?


マック食べた次の日は、体重が増える可能性があります。

 


「マック食べた次の日露骨に体重増える」って。

 

「マック食べると、あからさまに次の日体重が増える」とのことで、この原因は「マックの塩分によって体がむくんだ」ことにあります。

 

実は、マックのメニュー、特にバーガー類は塩分量が多いものが多く

塩分量
ビッグマック 2.6g
ダブルチーズバーガー 2.9g
てりやきマックバーガー 2.1g
チキンフィレオ 2.9g
倍ダブルチーーズバーガー(夜マック) 3.6g
ハンバーガー 1.4g
マックフライポテト M 0.8g
チキンマックナゲット 5ピース 1.3g
コカコーラ 0.0g
ひるマック ダブルチーズバーガーセット(ダブルチーズバーガー+マックフライポテトM+コカコーラMの場合) 3.7g
夜マック 倍ダブルチーーズバーガーセット(倍ダブルチーーズバーガー+マックフライポテト+コカコ-ラMの場合) 4.4g

になります。

 

マックを食べたことにより、塩分を多く摂取した為、

体内の塩分濃度を薄めようと、体が水分をため込む→ため込んだ水分量分、次の日体重が増える

となってしまうんです。

 

厚生労働省の「栄養・食生活と高血圧」によると、成人男女の1日あたりの塩分摂取目安量は

  • 男性:7.5g
  • 女性:6.5g

としていますから、マックのバーガー類は塩分量が多いことがわかります。

 

さらにマックは、セットで食べること多いのでポテトの塩分も加わり、となると、1日の1/2量程の塩分量を網羅してしまうんです。

このとこから、

塩分過多→体が水分をため込む→次の日体重が増える

と、なってしまうんですよ。

マック食べた次の日に体重が増えても脂肪ではない!

ただ!

ここで少し朗報で、マック食べた次の日に体重が増えても、これは体がため込んだ水分であって、体に脂肪がついたわけではないんです。

マック食べた次の日に、すぐに脂肪となるほど脂肪の蓄積スピードは速くなく、脂肪が体に蓄積されるのには「2日程」かかります。

 

どういうことかといいますと、そもそも脂肪となるのは、食品に含まれる糖質や脂質になるんですが、この糖質や脂質は、食べてすぐに脂肪になるのではなく、食べた後は、一度肝臓や筋肉に留まるんです。

 

で、この肝臓や筋肉に留まった糖質や脂質を「グリコーゲン」といい、このグリコーゲンは、肝臓や筋肉の貯蔵キャパを超えると、次に「中性脂肪」となって、肝臓や脂肪細胞、血管などに溜まります。

でね、この中性脂肪がエネルギーとして使われないと、はじめて脂肪へと蓄積され、このサイクルにかかる時間が「2日程」になるというわけです。

 

なので、逆に考えると、マックを食べても2日以内に体をリセットして

  • グリコーゲンの量を無くす
  • 中性脂肪をエネルギーとして使う

などをすれば、仮にマック食べた次の日に体重が増えても、脂肪への蓄積はさせずにすむということ◎!

 

詳しいリセット方法については、後の項目でご紹介させて頂きますが、マック食べた次の日に体重が増えていたとしても、きちんとリセットすれば「太る心配はない」と言えるんですよ(σ⁎˃ᴗ˂⁎)σ

スポンサーリンク




マック食べた次の日はニキビができる?

マック食べた次に日は、ニキビができることもあります。

 

「マック食べた次の日は、ニキビが必ずできるとのこと」で、この原因は

  • ビタミンが不足する
  • 糖質や脂質の過剰摂取
  • トランス脂肪酸

などが考えられます。

ひとつずつ見ていきましょう!

ニキビの原因①ビタミンやミネラルが不足する

マックのメニューといえば、バーガー類にポテト、ナゲットやパイ、ジュースなどで、野菜が少ない為、ビタミン類が不足し、ニキビができてしまう可能性があります。

 

健康な肌の為には、ビタミンが大切で、ビタミンが不足することで

皮脂の分泌量が増える→皮脂や角質がたまる→ニキビができる

となってしまうんです。

 

また、ビタミン類には、皮膚や粘膜の健康維持効果や、コラーゲンの生成を促進する働きを持つものもありますから、それらが摂れないことで、ニキビや肌荒れに繋がる可能性もありますよ!

ニキビの原因③糖質や脂質の過剰摂取

マックのメニューは、糖質や脂質が多く高カロリーなものが多い為、

皮脂量が増加→ニキビの原因となるアクネ菌が増殖

して、ニキビができる可能性もあります。

 

マックの糖質や脂質、またカロリーは

糖質 脂質 カロリー
ビッグマック 39.2g 28.3g 525キロカロリー
ダブルチーズバーガー 29.7g 25.0g 457キロカロリー
てりやきマックバーガー 35.2g 29.4g 472キロカロリー
チキンフィレオ 44.9g 21.4g 462キロカロリー
倍ダブルチーズバーガー(夜マック) 29.6g 40.1g 655キロカロリー
ハンバーガー 28.8g 9.4g 256キロカロリー
マックフライポテト  M 46.2g 20.6g 410キロカロリー
チキンマックナゲット 5ピース 12.2g 17.2g 270キロカロリー
コカコーラ M 35.1g 0.0g 140キロカロリー
ひるマック ダブルチーズバーガーセット(ダブルチーズバーガー+マックフライポテトM+コカコーラMの場合) 111g 45.6g 1007キロカロリー
夜マック 倍ダブルチーーズバーガーセット(倍ダブルチーーズバーガー+マックフライポテト+コカコ-ラMの場合) 110.9g 60.7g 1205キロカロリー

になります。

 

30~40代男女の糖質の1日あたりの摂取目安量は(デスクワークや家事仕事などの場合)

  • 男性:316g
  • 女性:241g

としていますから、マックのセットを食べてしまうと、女性の場合1/2量の糖質量ということに!

 

脂質についても、農林水産省の「脂質のとりすぎに注意」を見ると、1日の脂質摂取量は、総摂取エネルギーの20~30%が望ましいとしていますから

  • 1日2000キロカロリー摂取している場合:44~67gの脂質量
  • 1日3000キロカロリー摂取している場合:67~100gの脂質量

となり、そうなるとマックのセットで、ほぼ1日分の脂質量を網羅してしまうことになります。

 

カロリーについては、厚生労働省の「一日に必要なエネルギーと摂取の目安」によると

  • 成人男性:2000~2400キロカロリー
  • 成人女性:1400~2000キロカロリー

になり、マックのセットで男性は1日の1/2量、女性の場合ほぼ1日分のカロリー摂取となってしまうんです。

 

マックは、糖質&脂質の過剰摂取になる可能性が高く=ニキビができる可能性も大・・と、いえるんですよ(๑•᎑•๑)

ニキビの原因③トランス脂肪酸

マックはポテトなどの揚げ油に、牛脂とパーム油を混ぜた油の「混合油」が使われています。

で、この混合油には、トランス脂肪酸が含まれていて、このトランス脂肪酸がニキビの原因となっている可能性もあるんです。

 

トランス脂肪酸は、ニキビやアトピーを引き起こす原因となる他、動脈硬化や心臓疾患などを引き起こす可能性あると言われていて、世界保健機関(WHO)は「トランス脂肪酸の摂取は総エネルギーの2%以下にする」ことを提唱し、欧米など諸外国の中では、トランス脂肪酸の使用を規制している国もあるんです。

 

日本においては、農林水産省の「すぐにわかるトランス脂肪酸」によると、アメリカの食生活でのトランス脂肪酸摂取率が2.2%であるのに対し、日本の食生活においては0.3%と少ない為、トランス脂肪酸の使用の規制はされていませんが、欧米化が進む日本の食生活を踏まえて、過剰摂取には注意を呼び掛けています。

 

さらに、マックの「ポテト」には

  • じゃがいもの加工:ブドウ糖(色を均一にさせる)、酸性ピロリン酸ナトリウム(変色を防ぐ)
  • 揚げ油:キャノーラオイル、大豆油、水素化大豆油)
  • 味付け:ナチュラル・ビーフ・フレーバー、タンパク加水分解物、加水分解乳、塩
  • 保存料:クエン酸、ポリジメチルシロキサン、ブドウ糖、酸性ピロリン酸ナトリウム

などの多くの添加物が使われていて、これらにより肌荒れやニキビを引き起こす可能性もあると言われているんです。

 

また、これらはニキビだけでなく、過剰に摂取すると

  • 体内の細胞が傷つく
  • 体内の大事な栄養が添加物の解毒作用に使われる

などで、代謝が落ちて太りやすくなったり、様々な病気に繋がる可能性もあるので、注意が必要になりますよ( •⌄• )◞

スポンサーリンク




マックを食べた次の日はだるい?

マックを食べた次の日、だるくなることもあります。

 

「マック食べた次の日はだるい」とのことで、これは

  • カロリーの過剰摂取
  • 糖質の過剰摂取
  • 肝機能の低下
  • 消化不良

などが考えられます。

だるい原因①カロリーの過剰摂取

マックを食べたことで、カロリーの過剰摂取になり、だるさを引き起こしてしまう可能性があります。

 

先程も見てきた通り、マックのメニューは高カロリーのものが多くあります。

お腹が空腹で、体がエネルギーを求めている状態であれば問題ないのですが、そうでない場合は、過剰なエネルギー補給となり、体が疲れてだるくなってしまうんです。

必要以上のカロリーを摂取してしまうことで、だるい、または眠いなどの悪影響を引き起こすことがあるんですよ☆

だるい原因②糖質の過剰摂取

これは、マック食べた次の日よりも、食べたすぐ後に起こり得ることなのですが、糖質の過剰摂取でも、だるさを引き起こすことがあります。

 

マックを食べて糖質を過剰に摂取してしまうことで

血糖値が上がる→インスリンが多く分泌される→血糖値が下がる

という作用が体内で働きます。

この血糖値の大幅な変動で、だるいとか、眠い、また集中力がなくなる、イライラするなどの悪影響を引き起こしてしまうんです。

 

マックのセットを頼む際は、バーガー類とポテトではなく、野菜メインの「サラダ」にして、サラダを最初に食べることで、血糖値の上昇を穏やかにすることができます。

だるさが気になる場合は、サラダを選ぶのもおすすめですよ( ◌•ω•◌ )

だるい理由③肝機能の低下

マック食べた次の日にだるい場合は、肝臓が疲れてしまっていることも考えられます。

 

先程、「体重が増える」の項目でもお伝えしましたが、マックを食べた際に摂取された糖質や脂質は、一度グリコーゲンとなって、肝臓に蓄えられます。

 

多くの糖質や脂質を摂取した肝臓は、フル稼働状態となって機能が低下し

  • だるい
  • 不眠
  • 疲労感がとれない

などの症状を引き起こしてしまうんです。

 

特に、日頃食べ過ぎの傾向にある方(マックに限らずネ)や、お酒を飲む習慣がある方は注意が必要ですよ☆

だるい理由④消化不良

マックを食べたことで、糖質や脂質の過剰摂取となり消化不良を引き起こして、だるい可能性もあります。

 

消化できる量以上の物が、お腹に入ってきてしまったことで

胃で消化されない→消化されない状態で腸内へ運ばれる→腸内で有害な物質が発生する→老廃物がたまる→内臓が疲れる→体がだるい

と、なってしまうんです。

糖質や脂質が多いマックなので、特に胃腸が弱っている時は、注意が必要ですよ(*´ー`*)

スポンサーリンク




マック食べた次の日はむくみやすい?

マック食べた次の日は、むくみの原因にもなります。

 

「マック食べた次の日、顔むくむから食べたくない」と(でも食べたいとw)

 

この原因は、先程「体重が増える」でご紹介した「塩分」になります。

マックを食べたことにより、塩分を多く摂取した為

体内の塩分濃度を薄めようと、体が水分をため込む→ため込んだ水分量分、次の日体重が増える

になるんです。

 

また、体のむくみの原因は「糖質」にもあり

糖質が高いマックを食べる→血糖値が上がる

わけですが、糖はそもそも水分を抱える性質がある為

血糖値が上がる=水分を抱えた糖が血液中に増える

状態となっています。

 

で、その後、血糖値は下がるんですが、その際、糖に抱えられていた水分は、血液中から体の細胞内へと取り込まれる為

細胞が大きくなる→むくむ

と、なってしまうんです。

 

体がむくんだ状態が続くと

血流が悪くなる→代謝が落ちる→太りやすくなる

という悪影響もあるので注意が必要!

 

マックを食べて、むくみやだるい、ニキビ、体重増加などが見られたら、次に日しっかりとリセットすることが重要になりますよ。

・・・ってことで、次に、マック食べた次の日のリセット方法を見ていきましょう*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

スポンサーリンク




マック食べた次の日のリセット方法

マックを食べた次の日は

  • 糖質や脂質を抑えた食事をする
  • 野菜やきのこ類、海藻類をたくさん摂る
  • タンパク質をしっかり摂る
  • シンプルな調理法や味付けにする
  • お水をたくさん飲む

などで、過剰に取り過ぎた糖質や脂質をリセットするのがおすすめです。

 

ひとつずつご紹介しますと・・

糖質や脂質を抑えた食事をする

糖質や脂質を多く含むマックを食べた次の日、さらに、その次の日の2日間は、できるだけ糖質や脂質を抑えた食事をするのが◎!

 

摂取した糖質や脂質は、約2日間かけて脂肪となりますから、この2日間は余計な糖質や脂質を摂らず、体に蓄えてある中性脂肪をエネルギーとして使うのがおすすめなんです。

 

とはいえ、全く取らないのではなく

  • 糖質:ご飯などの炭水化物を最小限の量食べる
  • 脂質:揚げ物やスナック菓子などは控えて、良質な油(オリーブオイル、亜麻仁油など)を、ティースプーン2杯程度摂る

などがおすすめですよ・・ってことで、おすすめの亜麻仁油のご紹介です!

 

イタリア産の「亜麻仁油360g」です。

食品添加物や保存料不使用のこちらの亜麻仁油は、小さじ1杯で1日分のオメガ3が摂れちゃう優れもの♪

味にクセがないので、お年寄りからお子さんまでが美味しく食べれる亜麻仁油になります。

 

使い方は、加熱しても使えますが、加熱するとニオイが強くなるので、加熱せずにヨーグルトやドリンク、サラダやスープにかけるのが◎

口コミでも「健康に良いし、クセがないので続けやすい」と、かなりの高評価を得ています。

 

マック食べた次の日は、良質な亜麻仁油でリセット☆

上手に脂質も摂りつつ、食べたマックを「なかったことに」しちゃいましょう(*ฅ́˘ฅ̀*)

野菜やきのこ類、海藻類をたくさん摂る

マック食べた次の日は、野菜やきのこ、海藻類などをしっかり摂るのがおすすめです。

 

これらには、食物繊維や、ビタミンB群、カリウムなどが多く含まれていて

  • 食物繊維:老廃物を便として排出させる
  • ビタミンB群:糖質や脂質、タンパク質の代謝促進をサポートする
  • カリウム:体内の塩分濃度や水分バランスを調整し、むくみを改善させる

などの働きがあります。

 

また、糖質や脂質、添加物などを代謝させる「肝機能」を高めるためにも、野菜やきのこ類、海藻類は大切で、特に

玉ねぎ、ニンニク、ショウガ、キャベツ、大根、ブロッコリー

などの野菜には、肝機能強化の効果がありますよ◎!

タンパク質をしっかり摂る

マック食べた次の日は、肉や魚、卵、豆腐などのタンパク質をしっかり摂ることも大切になります。

 

「食べ過ぎちゃったからタンパク質を控える」のはNGで、マック食べた次の日でも「手の平に乗るくらいの量」のタンパク質を、3食きとんと食べることが◎になるんです。

反対に、タンパク質を抜いてしまうと、筋肉量が落ちて代謝が悪くなってしまう他、空腹感により暴飲暴食へと繋がる可能性があるので注意が必要!

栄養バランスをしっかり考えて食べることが、最善のリセット方法になりますよ٩꒰。•◡•。꒱۶

シンプルな調理法や味付けにする

マック食べた次の日は

蒸す、煮る、焼く、茹でる

などのシンプルな調理方法で、少しの塩や醤油など、できるだけシンプルな味付けにするのがおすすめです。

 

マックには糖分や脂質の他、塩分や添加物も含まれていますから、できるだけそういうものを避けるのが◎で、外食やスーパーのお惣菜、レトルト食品などは避けて、なるべく自炊をするのがgood

ご飯を炊いて、お味噌汁やサラダを作り、お刺身や冷奴、納豆を並べれば、最強のリセットご飯になりますよ(。•ω- 。) ⌒♡

お水をたくさん飲む

マック食べた次の日、できれば朝一番から、お水をたっぷり飲むのがリセットには◎!

 

お水を飲むことで

  • 排尿を促す→体内の水分が排出される→むくみの改善になる
  • 胃腸が刺激される→老廃物が排出されやすくなる
  • 代謝アップ

などの効果が期待できます。

 

お茶やコーヒー、ハーブティーなどは無糖であっても、体になんらかの負担がかかる可能性があるので、リセット方法としてはNG!

シンプルなお水が◎で、さらに温かい「白湯」にすることで、体が温まり代謝アップの効果がググっと高まりますよ(*´︶`*)

マックとラーメンどっちが太る?カロリー・糖質や太らない食べ方も徹底解説!現在、ダイエット中の私。 でもね、そもそもマックとかラーメンが大好きなもので、時々無性に食べたくなってしまうんです。 ダイエ...
夜マックは太る?ダイエット中の食べ方やカロリー・糖質を徹底解説!太ることを気にして、一応、ファストフードやスナック菓子などを日々避けている、私。 ただですねー、時々、無性にマックが食べたくなるこ...
山崎パンは食べてはいけない?添加物など危険性を詳しく調査!朝は、パン食な我が家。 家族それぞれ、お気に入りのパンは異なるんですけどね、なぜか、共通しているのが「山崎パン」のパンであること(...

まとめ

マック食べた次の日は体重が増えるのか、ニキビやだるい、むくみやすくなるのかなどを見てきました。

 

<マック食べた次の日は体重が増える?>

マック食べた次の日は、マックの塩分によって体がむくむ為、体重が増える可能性がある

 

<マック食べた次の日はニキビができる?>

マック食べた次の日は

  • ビタミンが不足する
  • 糖質や脂質の過剰摂取
  • トランス脂肪酸

などにより、ニキビができる可能性がある

 

<マック食べた次の日はだるい?>

マック食べた次の日は

  • カロリーの過剰摂取
  • 糖質の過剰摂取
  • 肝機能の低下
  • 消化不良

などでだるい可能性がある

 

<マック食べた次の日はむくみやすい?>

マック食べた次の日は、塩分や糖質の過剰摂取によりむくみやすい

 

マック食べた次の日は、様々な悪影響が出る可能性が判明しましたね。

とはいえ、リセット方法も分かったし、これからも、時にはマックを楽しみたい!

マックを上手に食べて、体が喜ぶマックライフを堪能しちゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡



error: Content is protected !!